走れ!ビットコイン号!

走れ!ビットコイン号!

ラテンアメリカの非営利団体 Bitcoin Argentina、Bitcoin Americanaは、仮想通貨の知識を広め、採用を促進する目的としたプログラムBitcoinetaを開始しました。

「Bitcoineta」

2つのNGOは、共同で車を購入し、ビットコインのロゴが大きくペイントされたミニバンでアルゼンチンの都市や村々を訪問し、ビットコインの使用方法などのPRを行います。
車両にはスタッフの生活ツールや食料の他に、動画を投影するプロジェクターなどが積み込まれます。

アルゼンチンを周ったあとは、ラテンアメリカ全域で同様のキャンペーンを開始する計画を準備している。

ホエー!移動ビットコイン教室みたいな♪


Bitcoineta創設者の1人:Gabriel Kurman氏

最新の知識や情報にアクセスできない環境にある人達に対し、ビットコインとブロックチェーン技術を広めることが夢です。
Bitcoinetaの目標は、アルゼンチンの全ての小さな町や都市、そして他の国々に到達し、人々にこの技術の恩恵を受ける方法を伝えることです。


なんか「みちのくプロレス」みたいな感じでホッコリするウホォ♡

その例えは…わからない人が大半なんじゃw

んじゃMM号のビットコイン版ウホ!みんなに初体験を届けるウホォ!

それはけっこうイメージが伝わりやすそうw
それはともかく、ある意味でデジタル技術の最先端である仮想通貨と、車で各地を周るという昔からの草の根的なプロジェクト、正反対な気もしますが…なんだか不思議とマッチしてるように感じますね。

PCやスマホ画面より、温もりを感じる的な!

あぁ…そういう安心感ってたしかにありますよね。ビットコインに直接触れられるわけではないですけど、人が目と目を合わせて伝えてくれるという点は大きいかもしれません。

ビットコインという名前を聞いたことはあっても、実際に何をどうするのかわからない、自分1人で始めるのはちょっと怖い。そういう人は沢山いると思いますし。

ゴリも似た感じで日本一周とかやってみたいウホ!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
infobae.com
news.bitcoin.com


スポンサーリンク

コメントを残す