bitcoin.orgが分裂予定Segwit2xを非難する声明を発表

11月19日にビットコインSegwit2xハードフォークの予定

巷では割と騒がれていますが、11月19日に予定とのことです。

分裂したSegwit2xのビットコイン(B2X)が、今までのビットコインにとって代わるような仕様で作業が進んでいる模様。

というのも送金の際に、送金アドレスとは別に「3Bit1xA4apyzgmFNT2k8Pvnd6zb6TnwcTi」というアドレスにビットコインを一緒に送る必要があるらしい・・・

面倒くさくね?

これをしないと、リプレイプロテクションがなされず従来のビットコインとSegwit2xビットコインの両方が送られてしまうんだとか。

この事実を知らないと、知らない間に自分のビットコインがSgwit2xに変わってしまうんじゃ?

考え難いですが、理屈上はあるかもしれないとのことです。

ブロックサイズを上げてビットコインを進化させる」というより「仮想通貨を乗っ取ってやるぜ!」という意思すら感じます。

これって・・ビットコイン率いる仮想通貨の覇権争いってことで良いですかね?

前回のビットコインキャッシュのハードフォークの際は特にトラブルもなかったので、今回も落ち着くんじゃない?といった雰囲気なのかもしれませんが、このSegwit2xのハードフォークは調べれば調べるほど何が起きるか予想ができません。


Bitcoin.orgがSegwit2xを非難すると発表

そんな最中Bitcoin.orgがSegwit2xを非難。

さらに海外取引所のBitfinexもSegwit2xのハードフォークに対する声明を発表。

大雑把な内容は以下。

ハードフォークは支持しない。政治的な判断はない。どんなにSegwit2xが便利でハッシュパワーを持っていても、今までのビットコインを引き続き取引する。Segwit2xはリプレイ保護が欠如しているから、顧客の資金を守るために措置を用意することが必要不可欠。

今後は色々な取引所も声明を出すと思いますが、最初に挙げた仕様であれば面倒の一言。
トラブルを避ける為にも、各取引所は支持しないように思われます。

いつもの主役、中華マイナーの意見は?

ハードフォークといえば、彼らが引っ掻き回すイメージです。
マイニングシェアが分散されてきたとはいえ、彼らの勢力は強いでしょう。

取引所が「Segwit2xを支持しません」と言っても、結局は彼らが「ビットコインの時代は終わりました。Segwit2xを支持します。」と言ってしまえば、ある程度従わざるを得ないんですねえ。

しかしながら突然のICO全面禁止、仮想通貨の取引前面禁止といった暴挙から大きなシェアを失った中国。何を仕掛けてくるか分からないから怖いですねえ。

Segwit2xを支持します^^

ビットコイン大暴落狙いウホ?

「今後はビットコインキャッシュをメインにします^^」

裏をかいたか!

「マイニングやめます^^

ある意味一番平和かも!

 


スポンサーリンク

コメントを残す