「Bitcoinとは?」Google検索データから見る世界の関心

「Bitcoinとは?」Google検索データから見る世界の関心

単語や検索ワードがどれだけ検索されているかを知る為のツール『Google Trends』のデータでは、仮想通貨市場の大幅な価格下落にも関わらず、Bitcoinに対する関心の高まりを見ることができます。

それによると『Bitcoinとは?』という検索ワードは、アメリカ、イギリスの両国で、「〇〇とは?」カテゴリで上位にランクインしています。

ほぇ~『Bitcoinってなんぞ??』って思って検索する人がメチャ多いって話ウホね!

価格は下落でも関心は高い

『Bitcoin』という検索ワードに関しては、南アフリカで高い関心を示しています。

これは現地の政治的および経済的不確実性の高まりから、資産・決済手段としてBitcoinなどの仮想通貨に、人々が多くの関心を寄せているためだと推測する事ができます。

ちなみに日本では

記事執筆時のデータによれば、沖縄県が東京都を抜いて「Bitcoin」に高い関心を集めているようです。

へー!てっきり東京がダントツだと思ってたけど、沖縄も関心高いウホねぇ

ビットコイン価格は2017年末の大幅な高騰以降、下落を続け最高値から約80%が失われている。

その現状にあっても世界中の人々の関心が薄れているわけではないという『Google Trends』のデータは、今後にとって明るい兆しの1つになるのではないだろうか。



チャートが元気なくてお葬式ムードみたいに感じてたけど、関心そのものは結構高いみたいウホね

価格やトレードを中心にして考えると、やっぱり昨年と比べて現状は寒く感じてしまいますが、新しくビットコインや仮想通貨に興味を持って検索する人は増加しているのかもしれませんね。

トレード関係だけ見てると、最近スゲー静かで雰囲気落ち込んでるように感じてたウホォ

Twitterなどを見ていても、昨年は「今が買い時だ!」とか盛んにツイートしていた人はすっかり見かけなくなりましたw

この人…中身が別人になったんじゃね?っていうようなTwitterアカウントもあったウホーw

あ~たしかにw
そういう点で言えば、うちのブログは特にアレ買えコレ売れみたいな話は特にしてませんから、マイペースに継続できているという部分は恵まれているのかもしれませんね!

これからも細く長くでマッタリやってくからよろしくウホォ~♪

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
bitcoinist.com


スポンサーリンク

コメントを残す