取引所 bitbank(ビットバンク)仮想通貨取引でキャッシュバック!手数料体系の改定&新キャンペーン開催を告知

bitbank(ビットバンク)手数料体系の改定&新キャンペーン開催を告知

国内仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)は、2019年1月5日から、新たな手数料体系に改定する事を決定し、新体系への移行に合わせて「プレミアムテイカーキャッシュバック」キャンペーンの開催を告知しました。

ホホー!いま開催してる手数料ゼロキャンペの終了後に、手数料体系を改定&新キャンペやるみたいウホ!

新手数料体系

新しい売買手数料への移行は2019年1月5日(土)0時に行われ、ビットバンクの全ペアに適用されます。

新手数料体系においては、Maker(※解説後述)取引にマイナス手数料を導入しています。

そのため、板をつくるMakerに対して売買金額の0.05%が報奨金として支払われます。
これを利用することで、より低いスプレッドの形成による価格発見能力の向上、ならびに流動性の増加が期待されます。
またMakerとして同値で決済することで、マイナス手数料による収益をあげることが可能になります。

MakerとTaker?

※Maker(メイカー)とは、流動性を市場に供給する(板をつくる)市場参加者のことをいいます。

ザックリ言うと、指値注文を取引板に並べる人(自分の注文をメイクする人)ウホ!

※Taker(テイカー)とは、流動性を市場から取り除く(既存の板で約定させる)市場参加者のことをいいます。

ザックリ言うと成行注文する人!板に並んだ注文から成行注文でテイクアウトするみたいなウホ!

管理人:単純に言えば、即で約定しない値段で指値注文を出して売買すればMakerだと思っておけば、実用上差し支えないと思います。おそらく、取引所を利用するユーザーの大半が当てはまるのではないでしょうか。

指値注文を出す→売買が成立する→Makerのマイナス手数料分が褒賞金としてキャッシュバックという形ですね!


「プレミアムテイカーキャッシュバック」

2019年1月5日より、毎月の合計売買金額が1億円を超えたユーザーに対して、集計期間内の全取引のTaker手数料の20%をキャッシュバックするキャンペーンを開催するとのこと。

●集計期間:毎月1日00:00:00から月末日23:59:59まで
●対象取引ペア:BTC/JPY, XRP/JPY, MONA/JPY, BCC/JPY
●キャッシュバック条件
対象取引ペア全体で、日本円換算で合計1億円以上の売買を行う
●キャッシュバック内容
キャッシュバック対象:当該期間内の全取引のTaker手数料の合計
キャッシュバック率:20%
●付与:翌月10営業日以内にキャッシュバック対象アカウントに日本円で付与します。

うーん…言っちゃえばゴリ達みたいな一般ユーザーはあんまり縁が無さそう?

大多数のユーザーに重要なのは「新手数料体系」!

とりあえず!新手数料体系はメリットでかいウホね!

今までは「手数料ゼロ」キャンペーンが継続されていた形ですが、今後はMaker取引で0.05%のキャッシュバックですから…指値注文がメインの大多数のユーザーは今までより単純にお得になると言えますね。

ゴリは今年に入ってから成行注文を使った記憶ないかもしれんウホー

普段から取引所を利用する人は大半がゴリさんと同じだと思います。
案内を見る限りだと全取引ペアが対象のようですし、管理人の中ではビットバンクの評価が上がりました!

あとは需要が集中する時のシステム面さえ強化してくれれば!

ですね。スムーズな取引環境はユーザーにとって最も重要だと思いますし、がんばってほしいです!
手数料体系、取引画面の使いやすさ、取り扱い通貨種類などはピカイチだと思いますので、まだ使った事が無い方はこの手数料改定に合わせて開設しておくのもオススメですよ!

ゴリや管理人は、海外取引所に送金する時の窓口的に使ってるウホォ♪

ビットバンクの登録方法

※参照元※この記事はコチラを参考に執筆しました。
blog.bitbank.cc


スポンサーリンク

コメントを残す