ASUS・アイドル状態のグラボでマイニング

ASUS・アイドル状態のグラボでマイニング

IT系メディア hexus.net の報告によると、台湾を拠点とするPC・スマホ・周辺機器メーカー〔ASUS〕は、GPUマイニングプラットフォーム〔Quantumcloud〕との提携を発表しました。

ASUSのグラボユーザーはQuantumcloudのソフトウェアを通じ、*アイドル状態*グラボ(GPU)を仮想通貨マイニングに使用し、その収益をPayPal・WeChatを通じて受け取る事ができるようになります。

※アイドル状態⇒待機状態、処理を行っていない状態
※グラボ⇒グラフィックカード、ビデオカード

ホー 設定しておけばPayPalの残高がチリツモしていくみたいな??

今までのGPUマイニングとの違いは?

Quantumcloudは、この新しい取り組みについて、顧客データの安全性・ユーザー利便性の面から、既存のマイニングアプリとは一線を画していると強調しています。

顧客データ保護については、GDPR(EU一般データ保護規則)に準拠、さらにユーザーは独自のログインを作成する必要は無く、既存のPayPalまたはWeChatアカウントを使用する事で収益を得る事ができると説明している。

その他、ユーザー利便性向上の為、ウォレット管理や通貨変換などもQuantumcloudソフトウェアに統合されているとのこと。

なるほど~今までに比べると、手間がメチャ減る+ASUSの名前で安心感たっぷりみたいな?


それで…儲かるの?

収益性の面についてQuantumcloudは、ソフトウェアのユーザーが利益を得ることを保証するものでは無いとしている。

収益率は仮想通貨市場のパフォーマンスによって変動する可能性があり、ランニングコストの面でも個々の環境に応じて電気使用量などを検討し、ユーザーが独自の判断のもとで利用する必要があると説明している。


収益の話は当たり前として、要はASUSが販売するグラボ用の”超カンタンマイニングアプリ”って感じウホね

報じられている内容を見る限りだと、ぶっちゃけ仮想通貨の知識が無くても使えるような形っぽいですね。
PayPal・WeChatのアカウントがあれば、アプリを入れて設定する→グラボパワーに余裕がある時にマイニング→仮想通貨からPayPalの残高にするところまでお任せでやってくれるみたいな。

実際に触ってみないとなんともだけど…これ意外と便利な気がするウホ

管理人もそう思いました。既存のアプリでマイニング→掘った通貨をウォレットまたは取引所へ→使いやすい状態にする、という工程って地味に面倒ですもんね。
これからマイニングを始めてみようという人達にとっては、取引所の開設やウォレットの設定・管理ってそれなりのハードルになると思いますし。

うんうん。「お金」として使えるとこまでが簡単なのって大事ウホ!この前記事にしたゲーム内マイニングのやつとか!

マイニングの成果を実際に使って体験できるのは貴重ですよね!

今回のASUSのニュースは、仕組みとしては良さそうですが…あとは収益性がネックになりそうな気がしますw

単純明快に「やればプラスになる」ってのが目に見えれば手を付けやすいのに!

国や地域によっても異なりますし、その辺はユーザーそれぞれが電卓を叩くしかなさそうですが、将来的には期待したいところですね!

今回はASUSとQuantumcloudの提携というニュースでした!

ウホッ♪ちなみに管理人のマイニングPCは今日も部屋を暖めているウホw

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
hexus.net
www.coindesk.com


スポンサーリンク

コメントを残す