AsobiCoin(アソビコイン)ICOホワイトペーパーを公開。気になります

AsobiCoin(アソビコイン)って?

先日ツイートしましたが管理人が少し気になっている「AsobiCoin(アソビ コイン)」が、いつの間にかホワイトペーパーを公開していたようです。

Asobi coin ico公式サイト

AsobiCoin(アソビコイン)ホワイトペーパー

さらっと中身を確認してみましたが、わざわざ解説する必要がないほどに「非常にわかりやすい

ゴリでも読めるウホー!

普段はホワイトペーパーは長くて面倒・・・と普段はスルーしちゃう人も試しに読んでみると良いですよ。新聞を読むよりも簡単です。

なるべく簡単にまとめながら一緒に中身をみていきましょう。

AsobiCoin(アソビコイン)のコンセプト

「デジタルコンテンツの保護流通プラットフォーム」を作成し、デジタルコンテンツの中古の販売を目指すものです。

現状は簡単に無制限に複製できてしまうので、ブロックチェーンを活用して所有権を明確にした上で中古(2次)流通を狙おうというもの。

なるほど!その手があったウホ!

確かにブロックチェーンに所有者やルールを明記してしまえば、前所有者もルーツも簡単に分かるし、ルールに沿ったデジタルコンテンツの流通が狙えますね。

つまりこのプラットフォームを利用して、個人の読み終わったデジタルコミックやデジタル本、ゲームやアイテムのデータ、音楽ファイルを個人間での売買を実現できるかもしれません。

もう少し噛み砕いてみる

エロ本をクラス男子で回し読みするやつウホ?

管理人が中学生の頃はよくありましたが・・・似ているようで少し違うw

テレグラムの中で代表の近藤さんが説明していたのですが

例えば私の持っているワンピースの21巻の電子書籍。読み終わったらこれまではPCの中で眠っているだけでしたが、これを中古で売却をして仮想通貨(アソビコイン)を得て、22巻の電子書籍(中古)を買うことができる、というもの。

参りました

代表さんやりますね!分かりやすくシンプルです。ホワイトペーパーに似たような内容の解説がありますが、この例えで完結ですね。

プラットフォーム(分散型セキュリティシステム)を完成させることで、音楽や映像、映画、ゲーム等の色々な場面で使おうというもの。

・読み終わったデジタルマンガを売却してアソビコインに。

・遊び終わったゲームアイテムを売却してアソビコインに。

・聞き飽きた音楽ファイルの売却してアソビコインに。

そしてアソビコインで他の中古コンテンツを買う。面白そうじゃないですか!

上記を理解しておけば、公式サイトの図が理解しやすくなります。要するにデジタルコンテンツの中古流通プラットフォームです。

いつもの「それってブロックチェーンじゃなくてよくね?」

なんて言ってる人も中にはいるようですが、ホワイトペーパー読んでないのかな?仕組みをよく理解していないのかもしれません。

アソビ コインの一番のミソは「デジタルコミック等の著作物のルーツや著作者の利権が、ブロックチェーンによって明らかである点」なんだと思います。

勿論トークンを”ポイント”として価値を固定して利用しても差し支えないと思いますが、恐らくトークンは出回っているウチにある程度の価格で安定するんじゃないかな?と考えています。

アソビモってどんな会社?

スマホ向けで「イルーナ戦記オンライン」や「アヴァベルオンライン」「トーラムオンライン」等を運営しているゲームメーカー。

管理人はスマホゲームやらないのであまり詳しくありませんが、CMなんかで見たことありますね。遊んだことがある人は、もう少し入り込みやすいかもしれません。

まずは「自分達の得意分野のゲームの二次流通から」とのことです。自社内で完結できそうなので、こちらは現実味があります。大きな会社ではないようですが、海外パートナー企業もいるようです。

今後の他社運営のゲームとの交渉が今後のキモになりそうです。

ちなみにトークン対応予定タイトルは以下

どうやらアソビモのゲームユーザーに対して、トークン全体の10%をエアドロップとして配布する予定なんだそうです。

管理人は全くわからないのですが・・・・エアドロップも気になるし試しに何か始めてみようかなw

どれがお勧めウホ?

読者さんの中にゲームやってる人がいたら教えてくださいw

AsobiCoinトークンに手を出すのは早計か?

アソビコイン(Asobi Coin)のトークンセールまで約21日あります。管理人的には少量のトークンを応援買いする予定ですが・・・紹介しておいてアレですが、今の所はガチ購入する予定ではありません。

コミュニティが未成熟

これが一番の印象です。トークンセールも開始してないしホワイトペーパーも公開したばかりなので仕方がないのですが、フォロワーがほとんどいない様子。テレグラムは最近チラホラと人が増えてきた様子。

ツイッターを見ていると、該当のゲームで遊んでいるユーザーすら知らなかったようです。

ちょっと気になるかも!という人や、上記ゲームで遊んだことがある人はツイッターをフォローして盛り上げましょう。

2次配布や著作権のクリアと他デジタルコンテンツ配信との連携

法律に詳しいわけではありませんが・・・、2次配布の問題についてはどうするんでしょう。

大体のデジタル配信コンテンツは「2次配布を禁ずる」となっているので、大丈夫かなぁ?

気になったのでテレグラムで質問してみたところ、上記のように返答がありました。

各ブロックに著作者の署名が必ず残りるような仕組みにするようです。

ブロックチェーンの仕組みを上手く利用してるウホね

この問題もクリアできそうですね。あとは受け入れてくれるかどうか。音楽関係とか凄いうるさいイメージですからねえ。アタマの固い連中をどう説得するか・・。

マーケットの需要はあると思います

ホワイトペーパーにデジタルコンテンツの2次流通市場の規模予想がありました。

上は2016年のデジタルコンテンツの流通規模ですが、思ったより小さいんですね。恐らく2017年の内容はもう少し増えていると思います。

これら中から約15%が2次流通するであろうとの予想なので、それなりに大きな規模になるのではないでしょうか。

ゴリは使いたいウホ

そうですねえ。管理人も使いたいです。

デジタルコンテンツは今後増え続けることが簡単に予想できますし、中古販売して他デジタルコンテンツを買えるとなると、メリットしか感じません。

年内にAsobi storeの利用を可能に?

ポンッと出てきたICOの割には年内にはAsobi Storeをオープンし、サービス開始予定なんだとか。更に来年には2次流通プラットフォームを提供する予定だそうです。

これが本当に実現すると、デジタルコンテンツ市場は大きく揺れそうです。

デジタルコンテンツ書籍や動画と言えばDMMやAmazonを浮かべますが、この辺も提携を考えているのでしょうか。

応援してます

「非常に面白い発想」と興味を持っています。

利用者側的にも著作者にも凄いメリットがあるし便利。不要になったデジタルコンテンツを売って再利用出来るなんて最高だと思いませんか?

更に海賊版(コピーコンテンツ)の出回りの抑制し、結果的に著作権を守るなんて素晴らしい。上手くいけば世界基準になるのでは!?と期待しています。

詐欺の可能性はほぼゼロ。挫折・失敗しないことを祈ろう

このICO自体が詐欺の可能性はほぼゼロですが、失敗・挫折の可能性はあります。

ロードマップを見る限りこちらが心配してしまう程にステップのペースがかなり早い。大丈夫ですかねえ。

5月10日追記

昨日、仮想通貨Asobi Coin(アソビコイン)の利用者拡大を狙って、配信中スマホゲームアプリへの対応を発表しました。これらのゲーム利用者数は月間100万人。

なおAsobi Coin(アソビコイン)を使うことで、通常価格より最大50%OFFでお得に購入できるそうです。

対応が決定しているゲームは以下タイトル

・アヴァベルオンライン

・トーラムオンライン

・ルイーナ戦記オンライン

・アルケミアストーリー

・オルクスオンライン

どんどんやってるウホー!

ICOプレセールの日時が決定 5月24日追記

2018年7月4日15時よりICOプレセールを開始するそうです。

そういえばゲーム×ブロックチェーン的なモノありましたね

以前紹介したブロックチェーン×アプリのゲーム「BitHunters(ビットハンターズ)」

管理人的にはブロックチェーンを使う必要あるの?とツッコミを入れざるを得なかったのですが、元気でやってますかね?個人的には独自トークンよりもXPなんかが使えるようにした方が流行りそうな気もしますが。

こちらも動きがあれば記事にしたいと思います。


スポンサーリンク

コメントを残す