中国でマイニング専用機器の廃棄が加速?「キロいくら」で処分も?

マイニング機器「キロいくら」で処分も?

最近の仮想通貨価格の下落によって、多くの*マイナーは厳しい状況に直面しているようです。

※マイナー⇒マイニングを行う人・企業

中国の仮想通貨情報サイト〔8BTC〕によると、最近の仮想通貨市場の低迷は、中国の鉱夫(マイニング事業者)に鉱業収益の減少をもたらした。
収益性の低下は一部マイニング機器の大量処分に繋がり、廃金属として『キロいくら』で処分される場合もあると報告されています。

ホー!鉄クズ扱いでスクラップ屋さん行きみたいな?

スポンサーリンク

一部の機器は収益のデッドラインを超えている

大規模マイニングプールF2Poolの創設者が共有した情報によると、Antminer S7、T9 、Avalon A741などの古い*ASICマイニング機器は、既に『シャットダウン価格』に達していると述べています。

※ASIC⇒特定用途の集積回路 この場合はマイニング専用機器

電気代とかコスト含めて、機械を運転すると赤字になるかどうかの分岐点を超えてるって話ウホね

もちろん『シャットダウン価格(赤字ライン)』は個々のマイニング事業者の環境によって異なり、全てに当てはまるものではありません。
とはいえ、マイニング事業者にとって最近の仮想通貨市場の低迷が厳しい現状に繋がっているのは事実だ。

中国の一部のマイニング事業者は、中古市場で機器の販売を行っているが、採掘機器の値段は昨年同時期の20分の1程度で投げ売りされている状態だ。

ホホー んでも24時間全力で使い込まれた1年前のASICなんてガクッと値下がりするの当たり前のような…

山積みで大量廃棄は大事件なの?

これに関連して、ソーシャルプラットフォーム上では、事業者がマイニング機器を大量に廃棄する画像・動画が多数投稿され、ネガティブなニュースとして広まっています。

これらの情報については、最近の市場低迷によって多くのマイナーが危機的状況にあるという意見がある一方、「*FUDを煽動するフェイクニュース」とする意見もあり、多くの議論をよんでいる

※FUD⇒不安・疑念・恐怖を意図的に煽る事

中国では、今年7月にマイニング事業者が集中する地域で大規模な洪水被害があり、ここ数日間で報告された画像や動画は、その時期のものを使ってFUDを煽っているのではないかと主張する意見が多数見受けられた。

〔8BTC〕の報告によれば、Baidu(中国大手検索エンジン)の検索トレンドでは、『キロで売られた鉱夫』というフレーズが上位になったとの報告もあり、マイニング機器の処分に関わるニュースの拡大が、市場の不安を増大させる要因の1つになっている可能性について触れている。

あ~マシンが山積みで捨てられてるの見たら不安なるかもしれんウホォ

世代遅れマシン⇒スクラップは通常運転っぽぃ

アジア地域の仮想通貨ニュースを扱う〔Asia Crypto Today〕では、この件について現地のASIC販売業者Si Hua MiningのHu Jie氏にインタビューを行った。

それによれば、話題を集めている画像・動画の大半は真実である可能性が高いと思うが、それらに付随する説明の内容は誇張されており、誤解を招いているのではないかと話し、中国の大規模なマイニング施設では、時代遅れになったASICを廃金属として処分するのは一般的なサイクルだと語っている。

ASICは仮想通貨マイニング専用に作られており、機器の世代交代で古くなったASICは収益性が減少し、他用途に転用する事も難しい。
これはASICを使ったマイニングの欠点でもある。GPU(グラフィックボード)を使ったマイニングであれば、ゲームや映像処理などを目的に再利用する事が可能だが、ASICは「つぶしがきかない」とも言える。

その前提を踏まえれば、話題を集めている「ASICの廃棄」に関する画像・動画について、それらがいつ作成されたものであるかに関わらず、大量の廃棄処分は珍しい事ではない。

つまり、現状の市場低迷がマイニング事業者にとって厳しい状況なのは間違いないが、ASICのスクラップ廃棄や中古販売そのものは、現地のマイニング事業者が一般的に行っている事、という意見だ。

ソーシャルネットワークやWEBサイト上から発信される情報の一部には、『発信者の先入観や誇張を含んでいる可能性があること』を前提に、冷静に受け止めなければならない。





ホハー!中国でけっこう話題になってるみたいだけど「大げさに騒ぐほどの事じゃなくね?」って感じウホねー

市場が低迷しているのも事実ですし、ここ数週間のビットコインハッシュレートも低下しており、マイニング機器の廃棄との関連性も否定はできません。
とはいえ、だからといって「マシンが廃棄される画像や動画を絶望の象徴として捉えるのは危険だよ」という話ですかね。

たしかにいきなり大量廃棄の動画だけ見たら「ヤベェかも」って思っちゃうかもしれんウホォ

管理人自身も第一印象は「えっ!?」と思ったんですが、趣味程度とはいえ自分でもマイニングをする身として少し考えてみた結果「古いASICって使い道あんのかな??」という疑問に辿り着きました。
それで複数サイトを参照してみた結果、今回の記事になったと。

要するに管理人が今回の記事で何を言いたいのかというと『流れてくる情報を鵜呑みにする前に、少し立ち止まって考えてみよう!』という話です。

年末にかけて色んな情報が発信されるだろうし、気をつけなきゃウホね!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
www.ccn.com
www.asiacryptotoday.com
news.8btc.com


スポンサーリンク

コメントを残す