ビットコイン等で違法に出資を募り、83億円を集めた8人が逮捕

ビットコイン等で違法に出資を募り、83億円を集金

11月14日、アメリカの投資会社〔SENER(セナー)〕による運用をうたった架空の金融商品で現金を集めたとして、警視庁生活経済課は金融商品取引法違反(無登録営業)の疑いで、東京・港区の会社役員、柴田千成容疑者ら8人を逮捕した。

事件の概要

《引用元⇒日経新聞

柴田容疑者らは2017年2月ごろから、先物取引で運用するセナーへの入会金を払えば元本保証で月利3~20%を配当するなどとうたい、ビットコインや現金で出資を募っていた。新たな顧客を勧誘すれば紹介料が入る連鎖販売取引(マルチ商法)で、出資者を拡大していたという。

実際には資金を運用せず17年6月ごろから配当を停止。出資金の大半が返されていない。
セナーのホームページなどでは米国や欧州に事業拠点があるとされていたが、警視庁が国際刑事警察機構(ICPO)を通じて調べた結果、拠点の存在は確認できなかったという。

出資者は10代~80代、44都道府県で述べ6,000人以上に上る。
産経新聞の報道によると、集められた出資金の総額は約83億円相当で、9割以上がビットコインなどの仮想通貨だったとみられる。


へー!9割がビットコインって…ビトコを買って送金できる知識ある人が、これ系の話に出資するってビックリウホォ~

管理人も不思議に思ってネットを漁ってみたんですが、朝日新聞の記事では、「ビットコイン代として」の”但し書き”が記載された預かり証の用紙がUPされていました。
推測にはなりますが、高齢の出資者などは現金を出資→グループ側がBTCにする的な形が大半だったんじゃないですかね。

あ~なるほど。それだったら納得ウホ

それにしても…約6,000人から83億ですか。
ちょっとイヤミな言い方になってしまいますが、ニュースを聞いて、この規模にならないと摘発されないのか!?というのが管理人の第一印象でした。

言っちゃ悪いけど、似たような有象無象のサギ話は量産されてるウホね

ですね。TwitterやYouTubeなどでも、怪しげな投資話に誘導しようとするアカウントは多数見受けられます。

ここでは言えない秘密の情報は●●●@で…』がそれ系のテンプレになっていることが多い印象です。もちろんそれら全てを悪いものと言う気はありませんが、そもそも『誰でも儲かるような必殺技を見ず知らずの他人に教える必要あるかな?』という疑問は常に持つべきかな…と。

んでもマルチ的に友人知人から広がったりすると対処難しそうウホォ…

勧誘している知人も善意でやっている場合がありますからね…。

こういった話は根絶される事は無いと思いますし、出来る限り自分自身で防衛していくしかありませんね。
一攫千金に夢を見るのは誰もが同じだと思いますが、少なくても仮想通貨を題材にした投資話を検討するのであれば、まずは最低限『BTCの売買や送金、ウォレット管理』など、自分ひとりで扱えるレベルを持ってからにするのを推奨したいですね。

悪者連中はけっこうガバガバだから、知ってれば防げる事が意外と多いウホ!

※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
www.nikkei.com
www.sankei.com


スポンサーリンク

コメントを残す