韓国LG CNS・独自ブロックチェーンプラットフォーム開始を発表

LG CNS・独自ブロックチェーンプラットフォーム

韓国ソウルを拠点とするエレクトロニクス企業大手 LGの子会社〔LG CNS〕は、金融・公共・製造・通信などの分野に適用可能なブロックチェーンベースのプラットフォームMonachainを開始すると発表しました。

ゴルァァァァア!!

Monachain…

韓国地元メディアの報道によると、「Monachain」は、デジタル通貨、デジタル証明システム、デジタルサプライチェーン管理ツールを提供することを主な特徴としています。

デジタル証明書は、スマホ端末の個体識別番号の情報、または指紋などの生体情報だけで利用者の身元を確認し、他のシステムとの連携が容易であるという点が長所だと説明されている。

デジタル通貨は、地方自治体の地域通貨の発行や福祉手当の支給などに最適化されている。
発行と流通はブロックチェーンプラットフォームの銀行が担当するため、LG CNSは都市銀行とコミュニティ貨幣事業を準備中だ。

デジタルサプライチェーン管理は、製品の生産から消費者に届くまでの様々な情報を各関係者に共有し、生産・輸送コストの削減に効果があると説明されている。


そんな事より「名称」について

『Monachain』の由来について、韓国〔koreatimes〕には以下の説明が掲載されている

《※引用元⇒koreatimes

MonachainはイタリアのマスターLeonardo da Vinciによって作成された油彩画「Mona Lisa」とブロックチェーン技術の「鎖」を組み合わせた言葉です。
monaという言葉がギリシャ語の女王を意味するとすれば、Monachainはブロックチェーンの女王を意味すると付け加えました。

 

…ゴルァァァァァ!!( ´゚д゚`)

まぁ…ゴリさんの言いたい事はわかりますw
日本の『MONAコイン』と名前が似てますよね。
絵画がキッカケだそうですが、なんとも複雑な気分になりますw

ちょっと調べたらすぐわかるのに、なんで似たまま出してくるウホォ!

意図があるかどうかはともかく、似ているのは事前に把握できそうなものですけどねw

Monachainはブロックチェーン技術
Monacoinは仮想通貨

ではありますが、LGの今回の発表が軌道にのって拡大し始めたら…

coin派とchain派の仁義なき戦い待ったなしウホォォォ!

それはオーバーな話としても、使う人にとって紛らわしいのは良くないですよねぇ…。

我らが『MONAコイン』には、早く世界中の誰もが知るくらいのレベルまで普及してほしいですね!

日本土産にMONAコイン!
奈良の鹿にはMONA鹿せんべいとか作るウホォォ!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
koreatimes.co.kr
yonhapnews.co.kr


スポンサーリンク

コメントを残す