韓国・銀行が提供する「ビットコイン金庫」

銀行が提供する「ビットコイン金庫」

韓国の[新韓銀行]は、銀行業界にとって世界初となる「ビットコイン*ストレージサービス」をテストしています。

※ストレージ⇒貯蔵・保管、この場合は「金庫」的な意味

銀行が提供する仮想通貨保管サービス

韓国メディアのNaverによると、新韓銀行が「仮想通貨のストレージサービスのテスト環境の構築」事業を発注し、新しいビジネスの準備を始めている。

新韓銀行は、銀行が持っている強力なセキュリティと、仮想通貨の利点を結合してビットコインなど仮想通貨保管サービスを提供するという計画である。

えっと…銀行がウォレット提供するって話ウホ??
Naverによると、新韓銀行の関係者は

「ビットコインアドレスとウォレットの秘密鍵が銀行によって管理されるプラットフォームをテストしています」
「銀行は、金庫サービスを無料で提供し、引き出しに手数料を設定する予定です」

現段階では、既存の銀行顧客がビットコインを購入または販売できるようにするために、新韓がビットコインへの仲介、または取引サービスを提供するかどうかは不明である。
新韓銀行は、Bithumb、Coinone、Korbitなどの韓国内の取引所とパートナーシップを組み、新韓の顧客に仮想通貨の流動性を提供する可能性が高いとみられている。

要はコインアドレスとか秘密鍵とか全部銀行に預けて管理してもらうって話…ウホ?

この件に関しての記事を色々と漁ったんですが、そういう話のようです。
初見の印象としては、セキュリティしっかりの銀行に全部預けるのかぁ…安心と言えば安心かも?と思ったんですが、よくよく考えると微妙な気がしてきました。

ゴリもいまいち用途がわからないウホ

安全に保管する事が目的であれば、いわゆるコールドウォレット(オフライン状態での保管・紙に印刷しての保管を行ってネット環境から切り離す)で事足りる気がしちゃうんですよね。


銀行は何するの?

まだ全体像がハッキリわからないのですが、記事にもあるように現地の取引所などと提携して、

ユーザー⇒銀行⇒取引所⇒トレード

こんな形を作るんじゃないでしょうか?

でもそれって、銀行から出た先のセキュリティとか詐欺被害とかを、銀行が補償してくれたりしないと…銀行いる意味あるウホ?

そうなんですよねぇ。言い方は悪いですけど、名前の売れている銀行が窓口になって「手数料おいしいです^q^」って形しか想像できなくて。

既存の取引所だって安全性はめちゃめちゃアピールしてますよね?
まさか手の平くるんして「銀行と提携してセキュリティUP」なんて厚顔無恥な発言しないでしょうし…。

あ、それするウホよ 絶対するウホ!

そんなwだってそれじゃ「今まで適当にセキュリティ管理してたんかーい!」ってツッコミ待ったなしじゃないですかw

銀行も一緒だから安全ですよ~ってたくさん宣伝する気ウホ!

あっ…(察し)

まぁ個人的に今の時点で、利用する側としての[システム面の]メリットは、管理人にはわかりませんでした。
ただ、まだビットコインや他の仮想通貨に触れた機会の無い人にとっては、国の大きな銀行が窓口になってくれれば安心感にも繋がりますし、仮想通貨全体の普及にも繋がると思います。

銀行も仮想通貨を敵視するだけじゃなくて、共存共栄を考える時期なのかもしれませんね!

…この銀行に払う手数料いるウホ?わからんウホー。。

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m
※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
bitcoinist.com
news.naver.com


スポンサーリンク

コメントを残す