韓国・議員グループがICO合法化に向けた法案を提出

韓国・議員グループがICO合法化に向けた法案を提出

韓国 koreatimes の報道によると、韓国の議員グループは、初期コインオファリング(ICO)合法化を目的とした法案の準備を進めている。

ICOを合法化を目指す

与党民主党の洪義烈(ホン・ウィリク)議員は、10人の議員と共に取り組みを進めている。
5月2日の公開討論の場で「この法案は、政府の監督下でICOを合法化することを目指している」と説明した。

koreatimesはこの取り組みを、デジタル通貨への投機的投資を抑制するために昨年末に課された国内初のコイン・オファリング(ICO)に対する政府の禁止への最初の議会の挑戦だと評している。


政府の監督下で

この法案は、無制限にICO合法化を推進する目的ではなく、ICOは金融委員会と科学技術省の厳しい監督の対象となる。

国会議長の鄭世均(チョン・セギュン)氏は、仮想通貨・ブロックチェーン技術が直面している政治的不確実性を取り除く上での議員の役割を強調した。

「Blockchainとcryptosは、さまざまな公共部門で良い原因のために使用できる」
「彼らの可能性を考えれば、彼らが直面する政治的な不確実性を減らすために協力する必要がある」

韓国では2月に金融監督院の崔浩植(Choe Heung-sik)氏が、政府が仮想通貨の正常な取引を支援すると発言を行うなど、仮想通貨市場により開放的な姿勢を示している。

ホホー!けっこう態度が柔らかくなってきたウホね

ICO禁止を発表した時期から比べれば、かなり開放的な雰囲気になっているとは思います。
自国の取引所との兼ね合いなども考えると、政府監督下での合法化は妥当なような気がしますね。

そういえばBithumbがトークン発行するとかニュースあったウホね?

規制迂回の為に国外に法人を設立するとかのニュースで、「なんか効率悪いよね」って思った印象があります。
それが発展して「あれ?これ…取引所も国外でやった方がよくね?」的になると国としても微妙なんじゃないですかね。

あ~たしかにそう思うウホw

まぁ現状は法案が提出されて、詳しくはこれからという話みたいですが、韓国は仮想通貨の取引量も大きいので注目しておきたいですね!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
koreatimes.co.kr
news.bitcoin.com


スポンサーリンク

コメントを残す