韓国・国内全てのICOを禁止

韓国金融委員会は、国内全てのICOを禁止

国際ニュース通信社、ロイターによると、韓国の金融委員会[FSC]は「仮想通貨のフォームを介して資金調達を行う事を禁止する」声明を発表した事を報じている。

この声明では「仮想通貨の取引が緊密に管理・監視される必要がある為、あらゆる種類の初期コイン・オファリング(ICO)が禁止されます」としている。


スポンサーリンク

ICOに対する韓国の姿勢

金融委員会(FSC)は、財務省・韓国銀行・国税庁と会談を行った後、「ICOによる資金調達は世界的に増加しており、韓国でも増加していると評価している」と述べた。

関連する報道では、「資金調達手段としてのICOを禁止する決定は、ICOが国内の財政詐欺リスクを増大させる問題として、韓国政府が重要視しているために行われた」とし、今後ICOに関与する当事者は《厳格な罰則》に該当すると当局は指摘したという。

《厳格な罰則》の詳細については述べられていないが、中国の一連の騒動の影響を受け、仮想通貨の取引量が増加している点からICO禁止の発表を急いだ形だ。

ウホー、全面的に禁止ってなんか意外ウホ

世界的な時流として、ICOに厳しい形で規制を行うのは納得ですが[全面的に禁止]なら、個人的には少し意外な対応ですね。
韓国って良くも悪くも[突っ走る]イメージがあるので、ICOという新しい概念を上手に活かすのではと思ってましたが…。

やっぱり取引量が一気に増加したからウホね?

でしょうね。国民の仮想通貨に対する関心も高くなっているでしょうし、先手を打って「とりあえず全面禁止!」という形を取ったのかもしれません。


韓国の仮想通貨規制

韓国は、国内の仮想通貨に対する規制強化を順次行っている。
2017年7月には、仮想通貨に対する規制の必要性を評価するタスクフォース(専門チーム)が設立され、9月にかけて仮想通貨の規制枠組みを整備するなど対策が進められていた。

今週には科学技術省と通信委員会が、仮想通貨の適正な取引や、プロバイダーのセキュリティ、プライバシー法の遵守などを焦点に現地調査を行う事が報じられていた。

政府は積極的に取り組んでるウホねー

韓国はデジタル技術に関して、特に積極的に接している印象がありますね。サムスンの家電シェアは既に世界的ですし、それなりに評価もされています。
仮想通貨だけに限らず、韓国は既存のものを上手に取り込んで発展する技術は驚異的ですから、今後の動向は注目ですね。

ウホー、なんだかんだ言ってもサムスン世界的に売れてるウホね

私達は「スマホが爆発した」とか「サムスンのCMに富士山が~」など、聞いていて気分の良いニュースばかりを選んで吸収しがちですが、実情にも目を向けないといけません。
世界にはスマホが爆発しても「安くてそれなりの品質」を求める人が多数いるんですから。

なんか言葉にトゲがあるウホw

家電の話はともかくとして、仮想通貨・ブロックチェーンの技術や概念は全世界的にも革新的なものです。これに対して各国がどんな姿勢を取るかで今後の動向が大きく違ってくると思います。
そういった意味でも、日本の企業には関連分野でガンバって欲しいですね!

ウホ!富士通とかも最近ブロックチェーン技術で頑張ってるウホね!

そうですね!富士通には私が《REGZAフォンIS04で受けた恨みを吹き飛ばすくらいの、獅子奮迅の活躍を期待しています。
ある意味で管理人は…REGZAフォンと過ごした期間があったからこそ、日本製品にこだわらず、家電やスマホを選ぶようになりましたw

REGZAフォンってなんかあったウホ?Google先生に…

やめろおぉぉぉぉぉぉ!( ´゚д゚`)


この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m
※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
news.bitcoin.com
reuters.com


スポンサーリンク

韓国・国内全てのICOを禁止” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す