韓国・取引所Bithumbがキオスク事業に参入

取引所Bithumbがキオスク事業へ

韓国大手の仮想通貨取引所〔Bithumb〕は、韓国内での仮想通貨の普及を加速するため、小売店の*キオスク事業への参入を発表しました。

※キオスク事業

⇒日本だと駅の売店としてのキオスク(キヨスク)が有名ですが、この場合は「簡易的な販売所」という理解でいいと思います。
公園でアイスを売る・道で新聞を売る・公共施設の案内板・電話BOXなど、そういったものを広く〔Kiosk〕と呼ぶそうです。
〔Kiosk〕という単語がもともとそういう意味だったものが、日本だと駅の売店の名称として定着したみたいですね。

要するに食券販売機?

利用者からの注文を受けるキオスクは、レストランやカフェなどに設置され、利用者がメニューを閲覧→注文→料金を支払います。
仮想通貨は支払いオプションの1つとして採用されます。

つまり…松屋の食券販売機が仮想通貨で使えるみたいなもんウホ?

ゴリさん…あんまり的確に表現されると、この後の記事が必要なくなってしまうんですがね( ˘•ω•˘ )


飲食店と仮想通貨で相乗効果を狙う

韓国では、キオスクを利用してメニューを注文することが一般的です。

Bithumbは、数社のキオスクメーカーと提携し、飲食店のフランチャイズチェーン・レストラン・カフェなどを運営する中小企業向けに最適化したキオスクを提供します。

キオスク端末は平均的な業界料金より10%ほど低いリース料で提供される予定です。
『中小企業がコストを削減し、売り上げを増やし、効率的な店舗運営を行うのに役立つだろう』としています。


なるほど~リース料安く提供して、仮想通貨に興味持ってもらって…取引所の利用に繋げるつもりウホね?

多少なりともそういう意図はあるでしょうね。
「仮想通貨払いは〇%OFF!」的な運用をすれば興味を持つ人は増えそうですよね!

実際に仮想通貨の所持に繋がるかどうかはともかく、いつも行くカフェや食堂でも「仮想通貨が使える」という点だけでもイメージアップになりそうな気がします。

日本の飲食店とかでも似たようなのやったらいいのにウホー

チェーン店などでも仮想通貨決済を導入しているところはありますが、管理人の勝手なイメージだと「既に持っている人」に向けて対応しているような印象があります。

PRなども含めて、仮想通貨を知らない人達への周知に繋がるかと言えば…現状はまだまだな気がしますね。

最近の報道とかだと、危なくてヤバいもんみたいに言われたりしてるから、ドーンと押し出すの難しいウホね

良いニュースや、技術に関して興味深いニュースなどもたくさんあるんですが…悪いニュースは目を引きやすいですし、報道される機会も多いですからね。

報道する側だけじゃなく、受け取る側の私達も、技術や新しい取り組みなどの情報を気にかけるのは大事かなって思ってます!

みんな殺到する金の匂いプンプンの話より、地味な話にヒントあったりするかもしれんウホよ!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
bithumb.cafe
news.bitcoin.com


スポンサーリンク

コメントを残す