韓国・仮想通貨取引所に国税庁の調査

《画像引用元⇒http://news.sbs.co.kr

取引所に国税庁の調査

韓国ハンギョレ紙(1月10日)の報告によると、韓国国税庁は、韓国大手の取引所BithumbとCoinoneについて税務調査を開始した。

スポンサーリンク

BithumbとCoinoneへの調査

国税庁の調査官は、江南区のBithumb本部と、汝矣島のCoinone本部に調査に入りました。

Coinoneの関係者は『国税庁職員は、会社規模や従業員数などの基本的な事項の調査を行った』と述べた。

Bithumbの関係者は『国税庁が捜査を開始したのは事実だが、調査の詳細を把握することは難しい』と述べている。
韓国SBSニュースの報道によれば、調査官は、Bithumbから手数料収入などの関連資料とコンピュータのハードディスクを持ち帰ったという。

国税庁は、Bithumbがキャピタルゲイン税と法人税を正しく納入しているかを調べる予定です。

ホハー なんかニュースの内容だけ聞くと、すげー大事件みたいに聞こえるウホね

SBSニュースでは、調査官が予告なしに入ったと報じています。
日本の私達の感覚からすると、資料やHDDを持ち帰ったなんて聞くと、脱税の取り締まりというか…ある程度は容疑が固まって動いているように感じてしまいますよね。

なんか仮想通貨業界に圧力かけてるように感じるウホ…

Coinoneでは警察の調査も

警察は、Coinoneが提供しているサービス
[最大1週間後の市場価格を予測し、短期売り上げの数を選択し、その結果に応じて損益をもたらす証拠取引サービス]が、ギャンブル事業にあたる可能性があるとして調査を進めているという。

Coinoneの関係者は「サービスを開始する前に違法性がないことを確認しており、すでに金融当局の懸念からサービスを停止している」と主張した。

これって信用取引とかFXのことウホ?

管理人はCoinoneを使った事がないのでわかりませんけど、チラ見してきた範囲では、よくある普通の取引所って感じでしたね。


取引所への重圧

これって、最終的に問題なくても取引所的にはすげーイメージダウンじゃないウホ?

ですよね。「警察や国税庁が調査に来た!」って報じられるだけで大打撃になりそうな気がします。
最近この関係で韓国の報道機関を見に行く機会が多いんですけど、報じる側もけっこう表現が攻撃的なんですよね。

え?どんな感じウホ?

韓国って最近[仮想通貨規制法案]を準備しているってニュースあるじゃないですか?
あれに関連するニュースの見出しが《取引所閉鎖法案推進》とかなんですよw

まぁ管理人はハングル文字が全くわからないので、翻訳の都合でそういう表記になっているのかもしれませんけど、少なくても近いニュアンスの言葉は使われているんじゃないかと。

もし当局側の狙いがそうである可能性が高いとしても…普通は報道でそういう言い方しねぇだろって思いながら見てました。

ウハー もう取引所が悪者みたいになってるウホ?

うーん、もしかしたら韓国の報道姿勢みたいなのが、日本とは違うのかもしれませんからなんとも…。

管理人が関係する報道を見る限りでは、キツイ表現してるな…と感じます。

個人的な印象ですけど、けっこう取引所への圧力というか、プレッシャーのかけ方が強い印象なので、当面は韓国の動向に注意した方が良さそうな気がします。

影響出るかもしれんウホねぇ…

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m
※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
news.sbs.co.kr
www.hani.co.kr


スポンサーリンク

コメントを残す