韓国・取引所「UPbit」不正ICO撲滅を目的とした褒賞金制度を開始

「UPbit」不正ICO撲滅を目的とした褒賞金制度を開始

韓国の大手仮想通貨取引所「UPbit」は、仮想通貨・ICOに関連する詐欺の損害を防止する目的で、不正に関する報告を行ったユーザーに対し、褒賞金を出す取り組みを開始しました。

〇〇コインは詐欺です!⇒賞金GETって話ウホ??

健全な仮想通貨の生態系を目指す

「UPbit」は、3月23日に自サイトHP上で、ICOを詐称した詐欺やネズミ講などの被害事例が増加していることを受け、『詐欺被害防止と、健全な仮想通貨生態系を造成する目的で、褒賞金制度の運営開始』を発表しました。


どんな制度?

ICOを詐称した不法行為の状況と、運営者を特定できる情報を捜査機関と「UPbit」に同時申告することで、該当案件の最初の申告者に「100万ウォン(日本円で約10万円相当)」の褒賞金を出すというものです。

「UPbit」は褒賞金制度の開始前にも、不正なICOに関する詐欺事件20件以上を警察に報告しており、積極的な協力を行っている。

ホホー! 今度はそれにユーザーも協力してって感じウホね

ニュースを見かけた時点では「単に損した人が八つ当たりで報告しまくりそう…」とも思ったんですが、そういうデメリットを天秤にかけても、捜査機関にキッカケを与えるのは結果に繋がりそうですね。

ゴリも同じこと思ったけど、意外と悪くない気がするウホ

違法性があるかどうかを判断するのは司法の役目ですし、モヤモヤしたまま泣き寝入りするのが大半よりは、「こんな仕組みだった」と報告できる場所があるのは良いかもしれませんね。

今月の褒賞金GET1位は…騙されまくったゴリさんでーす!とか表彰されたりしないウホ?(〃▽〃)

さすがにそんな事は無いでしょうw
冗談はともかくとして、仮想通貨・ICOに関係する詐欺や不正は、被害を受けた人自身が「騙された」と確信するのは難しいという印象があります。

真っ当な投資の結果としての損なのか、詐欺の結果としての損なのか、当局が実情を把握する意味でも「警察に行く・訴える」の一歩前で、相談できる仕組みは大事かもしれませんね。

「詐欺かも?」と迷ってる人から情報をもらえれば、拡大する前に防げる詐欺もあるかも知れんウホ!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
news.bitcoin.com
upbit.com


スポンサーリンク

コメントを残す