韓国・仮想通貨取引の大半は匿名のまま?

実名登録の規制したよね?

韓国内の仮想通貨取引に関連するユーザーの実名登録システムは、韓国政府の規制として1月30日に導入・発効しました。

しかし、韓国ヨンハップニュースの報じるところによると、規制導入から1週間が経過した現状、韓国内の仮想通貨アカウントのうち、8.21%しか実名アカウントに変換されていないという。

規制導入してはみたものの…

韓国の主要6大銀行は実名制度を導入しているものの、仮想通貨交換の為のアカウント変換サービスを提供しているのは、IBK銀行・農協・新韓銀行の3つの企業のみです。

規制当局によると、トレーダーが仮想通貨取引のために資金を入金するためには、既存の仮想通貨口座を実名に変換する必要があります。

ヨンハップニュースは、『この3つの銀行が実名制度に転換しなければならないアカウントの総数は約174万5千口座であり、そのうちの14万3千ほど、約8%が切り替えを完了した』と報じています。


進まない実名への切り替え

現状、既存の匿名アカウントを使用する顧客は、既存のファンドと引き続き取引を続け、中断することなくアカウントから出金する事ができます。

実名取引の導入が進まない要因としては、仮想通貨に現状よりも多くの資金を投入するつもりがなければ、投資家は本名を提出する必要がないという部分です。

最近では、仮想通貨の相場暴落で投資額を増やす意向が少なくなり、一部では、既存のアカウント利用者が脱税や資金洗浄などの犯罪に関与していたからだという分析も出てきています。

つまり…『入金』以外では実名じゃなくても使えるって話ウホ?

管理人もこのニュースを見て理解するのにメチャ時間を使ったんですが、報じられている内容から考えると、要は現金の入金をする時に実名口座である必要がある…という意味合いのような?

たしか以前のニュースでは「入出金」だった気がするんですが…このニュースからだと「入金」に必要だと読み取れますよね。

ホハー、んじゃ通貨を現金にして引き出す分には匿名OKウホ??

そういう話だと思います。たしか先月末にFSCの発表したガイドラインだと、一日あたり1000万ウォン以上の入出金には報告が必要という話だったハズですが、その範囲内であれば匿名でも引き出し可なんですかね?

なんか…ものすごいモヤッとしますw
実際に何がOKでなにがNGなのか確証があるわけではないので、全てがニュースからの推測ではあるんですが、実名アカウントが必要になるのが本当に『入金時』だけなら…

ガバガバ☆彡でも、最近の暴落で仕方なくガチホ状態の人もいそうウホね

それは間違いないと思います。大きく下がってしまって売るに売れない状況もあるのかと。
なんて言うか…市場全体の空気が期待感で溢れるようになれば、もっと実名登録は進むと思いますけどもね。

マネロンや脱税防止の観点から言えば、管理人みたいな素人から見ても「抜け道多そうだな~」という印象を受けるので、今後に市場が盛り返してきたら、また何か波乱が起こりそうな気もしますねぇ。

今まで匿名アカウントで利益を出していた人が、もし普通に出金できるのであれば…どう考えても「今までの利益は匿名で出金」⇒新しくアカウント作るって流れになるんじゃないかと思うんですが…。

その辺も含めて今後の続報待ちですかねコレ。

てか…なんで現状のユーザー全員を本人確認するように規制しなかったウホ?

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
news.bitcoin.com
yonhapnews.co.kr


スポンサーリンク

コメントを残す