韓国・ビットコインで一週間生活してみた!

TV出演者が1週間ビットコイン生活に挑戦

韓国のTV局では、2人の芸能人が1週間ビットコインのみで生活したTV番組を制作し、放送している。

2人の出演者が、それぞれ韓国、サンフランシスコを舞台にビットコイン決済を受け入れる場所を探して生活する事に挑戦した。

韓国のTV局、[アジア経済TV]が行った番組は、ビットコインの普及レベルが異なる2カ国で行われました。

出演者のキム・ボソン氏(俳優)は韓国、ユン・ソンア氏(女優・画家)はサンフランシスコで、『ビットコインのみで1週間生活する』ことに挑戦しました。

スポンサーリンク

それぞれの土地での生活は?

このTVショーでは、2人の出演者が、それぞれの場所でどのように過ごしたかを比較する形で番組を構成しています。

キム・ボソン氏は、自分自身を『ビットコインの無法者』と表現したと伝えられ、眼科・花屋・キャンプ場・カイロプラクティックなどでビットコインを使用している。

ユン・ソンア氏は、サンフランシスコでチャレンジを行い、ビットコインを受け入れる多くの店舗と、ドルを使い切るためのビットコイン型ATMを見つけることができました。

番組プロデューサーは、サンフランシスコではビットコインが広く使われているが、韓国では使用する店舗を探すのに時間がかかり、番組は完全に異なる生存様式を示していると説明した。

《番組HPリンク⇒tv.asiae.co.kr

ホホー ちょっと面白そうウホw

番組をチラ見してきましたけど、どちらかというとバラエティ的な感じでした。
仮想通貨に興味がある人が見るにはいいんじゃないですかね?TV番組として楽しむならアリだと思います!

日本でも同じような挑戦してほしいウホ!

ん~首都圏だったら、ビットコイン決済OKの大型店で生活用品は揃いそうな気がしますけど…地方はどうかなぁw
どちらかというと、ビットコイン対応している大型チェーン店を探す形になって、面白くはないかも?

あ~たしかに。個人店とかだと難しいウホねぇ

むしろ個人店の方が気軽に導入できるような気もするんですけどねぇ。ラーメン屋さんが『ビットコイン決済でタマゴをサービス!』とかダメなのかな?
あ…受け入れる事そのものは簡単そうだけど、税金の申告が面倒になりそうな…。

ウホー 税務署は怖い!税務署は怖いウホォォォォ

この辺は今後の課題ですよね。一度モデルケースになるようなものが出来上がってしまえば一気に普及しそうですけど…。
そういう面から考えると、どこかの企業さんが管理の簡単な決済システムを作り上げたらすごい評価受けそうですね。

それ大チャンスなりそうウホね

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m
※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
news.bitcoin.com


スポンサーリンク

コメントを残す