韓国ショッピングモール、仮想通貨マイニングを禁止!?

ショッピングモールがマイニング禁止!?

韓国内最大の電子部品街であるソウル龍山電子商店街で、仮想通貨のマイニング禁止令が出されたようです。

マイナー(採掘者)達は、龍山電子市場のショッピングモールでビットコイン・イーサリアムの発掘を目的にマイニングを行っている。

商店街の中で、仮想通貨マイニング用のPCを大量に稼働させるテナントが増え、火災の懸念や電気使用量の上昇により、周辺への影響が大きくなり禁止令に繋がった。

発熱と冷房の対決

周辺にどんな影響あったんだウホ?

管理人もマイニング初心者で最近始めたんですが、あれって24時間フル稼働でPCを回すんですけど、PCの計算能力の限界近くでフル稼働なんです。

車に例えればレッドゾーン手前のギリギリで長時間走行するようなものなので、かなり発熱するんですよ。

夏場のショッピングモールなんて普通は冷房がフル稼働でしょう?
それなのに、テナントの店舗が何十台、何百台というPCで埋め尽くされて、ひたすら発熱するわけですから…かなり強烈な状況ですよね。

普通に営業しているテナントからすれば、かなり迷惑な状況でしょう。

そもそもなんで商店街でマイニングするウホ?

参照した記事に明確な記載が無かったので推測になってしまいますけど、商店街の電気料金の仕組みが関係してるんじゃないですかね?

・ビル全体で使用された電気を、店舗数でワリカンするとか。
・もしくはテナントの電気代が固定だったりとか。

なにか電気代に関して大きなメリットが無いと商店街に集中しませんからね( ˘•ω•˘ )

空調が整っていて、マイニングの発熱対策になるとか、供給される電源が安定しているとか、そういった部分もあるのかもしれません。

龍山電子商店街はどんな街?

ネットで画像を探してみましたけど、最近のものでイメージが掴みやすいものは見つけられませんでした。

数年前のものだと思いますけど、いくつかどーぞ。


とりあえず、龍山電子商店街がどんな場所なのかと言うと…

日本で言えば秋葉原のような街並みでした。

画像であげたような小規模の店舗が連なる商店街+大型店舗、そんな街みたいですね。

推測になってしまいますが、秋葉原ラジオ会館のように、決められたスペースにたくさんの小規模店がダーーっとテナントで並んでいるようなところで、いくつかの店舗は大量のPCをフル稼働させている…と。

店の前を通過しただけで、すさまじい熱気を感じるところもあると、他の参照先記事にありました。

個人のPCで片手間にやるようなマイニングと違って、専用機を組んでスペックを限界まで使っての本格的なマイニングでしょうから…たしかにこういった場所では火災や発熱への安全管理が必要ですね。

龍山電子商店街に並んでいる光電センサなどの電子部品は、韓国で展開している通販サイトRSコンポーネンツで購入することができます。

マニアックなモノまで扱ってるウホォ

マイニング最大のライバルは電気代

コチラの記事で以前に紹介しましたけど、私の友人にも、自分で電気代を払わなくていい環境でマイニングを行っている猛者がいますw


とはいえ、その友人の場合は普通のノートPCを動かしているだけのかわいいものですけど。

電気代さえ安く抑えられればマイニングで利益が狙えるという面から考えると、この韓国の事例だけに限らず、世界各国で同様の規制が行われる可能性はありそうですね。

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m
※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。


スポンサーリンク

コメントを残す