(雑記)久しぶりに銀行で国際送金をやってみたお話

ネタがないわけじゃないのですが、管理人の日記です。

日記ウホー!

海外送金・受け取りは仮想通貨がとにかく便利

そもそも管理人が仮想通貨に足を突っ込んだのは「海外の買い物」から。

海外で買い物する際はクレジットカードだったり、銀行送金・小切手等の方法があるのですが、最近はPayPalを採用している人が多いです。

総じて言えることとしてどれも手数料が高い。

少額であればあまり気になりませんが、額が大きくなると非常にダメージが大きいのです。

更に日本発行の小切手は現金化に時間が掛かってトラブルになったり・・・まぁ面倒くさいです。

信用できる相手であれば「Could I pay in encryption currency?(仮想通貨での支払いは可能ですか?)」と聞いてみて、可能な場合は仮想通貨で払ってしまいます。相手側からそのような申し出がある場合もあります。

10分ほどで着金するし手数料もほぼ無しなので、凄い便利です。外国取引が多い人は結構使っているイメージです。

PayPalとは

PayPalを通じて相手に直接クレジットカードで支払いを行い、外貨計算や買い手保証を行ってくれる機関。

買い手保証がついているので、トラブルがあった際は間に入って交渉してくれたり返金を円滑に代行してくれます。

簡単に言うとヤフーペイみたいなもんです。

PayPalは仮想通貨のニュースにも時々登場しています。

場合によっては例外も

手数料が本当に高いので「PayPalでの支払いはお断りします」なんて人がチラホラいます。気持ちは分かります。

じゃあ暗号通貨で支払っても?と聞くと「NO!小切手か銀行送金でお願いします」

えっ・・・?マジ?

スイカやスマホで電車に乗れて、買い物も出来る時代に・・・なぜ銀行まで行って並んで送金せなばならんのだ。

仕方がないので銀行(郵便局)へ行きました

海外に送金するためには相手の「氏名・住所・電話番号・銀行名・支店名・銀行住所・銀行コード」が必要になり、更に自分のマイナンバー通達書・支払い目的等々の記入が必要になります。ちなみに手数料は2,500円。

かなり面倒です。

面倒な用紙に各項目を書き込んで40分待たされたが挙げ句、相手のメールに「支店名」が抜けていたため、結局送金できず。

相手は夜中なので・・電話することもできずゲンナリです。

為替を直接送りつける方法に

何とかならないのか?と詰め寄ったところ、住所宛に直接送金する方法があるとのこと。

まだ記入するんですか。ここらで管理人のHPはゼロですよ。。

記入後にお金を払って、マイナンバーの通達書(画像不可)と身分証を渡して30分後くらいに小切手のようなものが出てきました。

発行に30分も・・・発行するのにそんな時間かかるものなんですかね?

ちなみに手数料は2,000円。各小切手のようなものに、更に全てに名前や住所を記入します。

更にこの小切手を相手宅にEMS(国際スピード郵便)で送る必要があります。

これが封筒代50円+送料2,000円+保険代

ちなみに20万円を超える保険を掛けると関税で引っかかる場合があるという理由で、199,000円分の保険をかけて送金。

比べてみましょう

PayPal

為替手数料3%~4%

金額に応じて手数料が変動。

即着金

仮想通貨

送金手数料1円~500円

5分前後で着金(BTC除く)

国際送金

為替手数料5%~10%

手数料2,500円

手続き約1時間(待ち時間含む)

着金に1週間前後

小切手

為替手数料5%~10%

手数料2,000円

手続き約1時間(待ち時間含む)

EMS費用2,000円+保険450円(20万円を超えると関税で面倒なので、19万9千円分)

着金に3~5日(EMS配送状況による)

皆どうやって海外送金してますか?

理由を考えれば簡単で、国際送金の場合は

「銀行」→「中継銀行」→「銀行」

paypalであれば

「クレカ」→「PayPal」→「クレカ」

仮想通貨であれば

「人」→「人」

ということになります。

上を見る限り仮想通貨で送金してしまうのがベストで早いですが、仮想通貨と法定通貨(フィアット)の関係が為替に比べて変動が激しいのがデメリットです。

とはいえドルと円の関係も若干似ているので、さほど気にすることではないと思いますが。

郵便局にいると外国人もチラホラいたのですが、仕送りなんかも銀行送金で送っているのでしょうか?だとしたら時間とお金が勿体無いですねえ。。

そういえばNOAH(ノアコイン)がそんなコンセプトをうたってましたね。

早く仮想通貨が海外送金のスタンダードになってくれると嬉しいウホ

 


スポンサーリンク

(雑記)久しぶりに銀行で国際送金をやってみたお話” に対して 2 件のコメントがあります

  1. 匿名 より:

    最近transferwiseというサービスが人気ですよ。

    1. ゴリラ管理人 より:

      先程ぐぐってみました。これは凄い良さそうですね!
      郵便小切手がアメリカの銀行で中々換金できなかったようで、結局注文キャンセルになってしまいました。アメリカ郵便局はマイナーなんですかね。。
      次は是非使ってみます。情報有難うございます。

コメントを残す