金融格付け機関(ワイス)が1月24日から仮想通貨の格付け

金融格付けとは

FX等の投資に触れたことがある方はご存知かと思いますが、各通貨に対して金融格付け機関が通貨の格付けをして発表します。有力な順にムーディーズ、S&P(スタンダード&プアーズ)、フィッチが挙げられます。

各通貨の信用格付けウホね

以下のように、それぞれの通貨が評価されます。

※引用→https://ango.tokyo/news/ratings/

これらの発表はFXの市場に対してかなり大きな影響力を持ちます。

昔のEUROの爆下げも、ギリシャ国債の格下げが拍車をかけたウホ

これはビックニュース!?

管理人の勉強不足だとは思いますが、今回レーティングを発表されるとされているWeissRatings(ワイス・レーティング)って正直聞いたことがなかったので調べてみました。

Weiss Ratingsという格付け会社

1971年に創業された格付け機関で、他の有名な格付け機関とは違って評価先からの報酬は一切受け取らず、独立性と正しさは米国でも大変評価されている模様。

それなら市場への影響力も結構ありそうウホ

画像に公式サイトへのリンクを貼っておきました。公式サイトにカウントダウンがあるので、参考にすると良いかもしれません。

因みに評価対象となっている仮想通貨は以下。

■ビットコイン

■イーサリアム

■リップル

■ビットコインキャッシュ

■カルダノ(ADA)

■ネム

■ライトコイン

■ステラ

■イオス(EOS)

■モネロ

■トロン

■ビットコインゴールド

恐らく通貨ランキング上位から選ばれているものと思われるので、今後対象となる通貨が変更されるかもしれません。

格付けの基準は?

目的は仮想通貨の技術、使用、取引パターンの無数のデータを分析するとのことです。将来性は含まれていないことから、率直なところは安全性を判断するようです。ここで上位に輝いた通貨は、上手くいけば最近全く動きがないホワイトリストにも変化が現れるかもしれません。

どのような結果になるか分かりませんが、注目しておく価値はあるでしょう。

読者さんのランキングも教えて欲しいウホ

仮想通貨にとって大きな前進だと思う

正直管理人はWeissRatings(ワイス・レーティング)って聞いたことなかったのでピンと来ませんでしたが、このような通貨格付けに登場するということは、簡潔に言うと仮想通貨が通貨として世界的に認められ始めていると捉えることが出来ます。

そのうちムーディーズやS&P、フィッチも評価対象に加えるかもしれません。

各通貨のホールダーはご注意(特にFX)

今回の仮想通貨の格付けは初めての試みなので、相場が上下に大きく揺れる可能性があります。長期のホルダーさんは恐らく大丈夫だと思いますが、FXをやっている人は約定が滑って大ヤケドする可能性があります。

当日は念のため、FXのポジションは外しておくことをオススメするウホ

大きく外した場所に指値を忍ばせたり、イナゴするのはアリかもしれません。

上記の仮想通貨はどこで買える?

Binace(バイナンス)でほとんど揃うので、アカウントがあれば問題ありません。というかBinanceはとりあえずで良いから作っておきましょうw

■Binance登録方法

■BinanceでADAコインを買う方法

あとはザイフがあれば事足りると思います。

評価対象の仮想通貨FX

■bitMEX登録方法

仮想通貨FXで遊ぶならここが安全。ペアが色々あるので楽しめます。国内のFXと違って約定が滑ってどんな大怪我をしても、入金しているお金が無くなるだけで済みます。皆さん甘くみているようですが、これは大きなアドバンテージです。

国内のFXでは約定が滑って入金しているお金に上乗せでお金を払わされる(場合によっては借金w)のケースが普通にありますからね。国内FXでは例えサーバーが一瞬止まって価格が飛んで約定されても、サーバーが遅くて変な場所で約定されても文句が言えません。

管理人はFXの恐ろしさは知っているので、国内のFXは使わねぇw

というかこの人bitMEX紹介してるのに、なんで国内の仮想通貨FX使ってたんだろ?


スポンサーリンク

コメントを残す