金融庁・仮想通貨交換業者として「新たに4社」を登録

仮想通貨交換業者として「新たに4社」を登録

2017年12月1日、金融庁は仮想通貨交換業者として「新たに4社」を追加したと発表した。

金融庁は9月29日に「11社」の登録を発表しており、今回の追加は比較的小規模なものとなっている。

新たに追加された4社

・株式会社東京ビットコイン取引所
・株式会社ビットアルゴ取引所東京
・エフ・ティ・ティ株式会社
・株式会社Xtheta(シータ)

株式会社東京ビットコイン取引所

《HPリンク⇒東京ビットコイン取引所

執筆時点(2017/12/01)での取り扱い仮想通貨は[ビットコインのみ]

株式会社ビットアルゴ取引所東京

《HPリンク⇒ビットアルゴ取引所

執筆時点(2017/12/01)では営業を休止中

金融庁HPによると、取り扱い通貨は[ビットコインのみ]

エフ・ティ・ティ株式会社

《HPリンク⇒Bitgate

執筆時点(2017/12/01)での取り扱い仮想通貨は[ビットコインのみ]

HPによると、Bitgateは取引所ではなく「販売所」

株式会社Xtheta(シータ)

《HPリンク⇒xtheta

HPによると、顧客からの取引の代行が主な業務と紹介されています。

複数の取引所からレートの良い取引所を選定し、取次を行うと紹介されていました。

取次って何するウホ??

管理人も実際に使ったわけじゃないので、HPにあった解説画像を貼っておきますね!

HPにあったQ&Aから抜粋

Q. 取引一回あたりの手数料はいくらですか?
A.一度のお取引につき、お客様からご入金いただいた金銭または仮想通貨の内から5%を手数料として申し受けます。

え!?5ぱ…モガッグモモ

あ!ゴリさん!バナナ持ってきました!食べてください!はやくっ!!

まとめ

今回の4社の追加で、金融庁が発表した仮想通貨交換業者は「15社」となりました。

今後も登録業者の数は増えていくと思われます。

特に短期的なトレードで利益を狙う場合には『手数料・取扱い通貨の種類』は重要な要素です。

自分の目的・トレードスタイル・実際に使った感触・信頼度などをトータルで考えて、しっかり選びましょう!

取引所もいろいろレビューしてるから参考にしてくれウホ!


スポンサーリンク

コメントを残す