都内で液浸マイニングマシンの見学ができる!?

都内で液浸マイニングマシンの見学ができる!?

香港を拠点とするPassion Progress Limitedは、4月27日のプレスリリースで、液浸技術を用いたマイニングマシンの稼働テスト開始を発表しました。

プレスリリースから抜粋

《引用元⇒http://ppltd.io

仮想通貨のマイニングは、新事業として名だたる大手企業も参入している注目の事業ですが、稼働させる場所やマシンの稼働音、マシンの経年劣化やマイニングで発生する熱などの冷却に費用がかかる点などのいくつかの問題も同時に抱えています。

液浸技術を用いる事で、省スペース化、静音化、経年劣化のゼロ化、冷却の為の電気代の削減などが実現可能となります。

同社は東京都内にて、ASIC及びGPUの液浸マイニングマシンの稼働テスト開始し、5月2日以降に法人・個人を問わず、完全予約制で一般公開する予定としています。

また、今後は日本での大型マイニング工場建設なども進める予定であるとしています。


液浸技術とは?

簡単に言うと、CPUなどを冷却する目的で特別に配合された液体に、機器を浸して運用する技術です。

イメージとしてはPCやASICなどの機器を水槽の中に沈めて冷却を行いつつ運用します。
他会社のものではありますが、以前の記事で実際に稼働している動画などもまとめているので、良かったらどーぞm(__)m

ホエー!これは面白そうウホ!

マシン好きな人にはたまらないですよね!
既存のファンを使った冷却方法に比べて、どのくらいのメリットがあるのか、データを含めて公開してくれたらと思っています。
水槽の中で光るPCとか、ロマンを感じますw

何年か経ったらメインの冷却方法なったりするウホ?

それはわかりませんが、多くの企業が採用を進めれば必要な機材の需要が増えて単価も下がっていくでしょうし、期待してもいいかもしれませんね!

管理人のマイニングPCも沈めてみたいウホね!

※参照元※この記事はコチラを参考に執筆しました。
http://ppltd.io/670/


スポンサーリンク

コメントを残す