(買っときゃよかった)モナコインが急上昇

全体的に仮想通貨市場が盛り上がってますが、モナコインの急騰が凄いですね。
管理人も気にはなっていたのですが、結局買ってなかったモナコイン。

買っときゃよかった・・・せめてマイニングだけでも・・
なんて今夜は枕を濡らすことになりそうです。

モナコインって?

∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
( ´∀`)< オマエモナー
(    )  \_____
| | |
(__)_)

インターネット掲示板「2ちゃんねる(今は5ちゃんねる?)」でよく登場するアスキーアートのキャラクター「モナー」です。

モナコインは「2ちゃんねる」のソフトウェア板で、ライトコインという別の仮想通貨をベースにワタナベ氏(Mr.Watanabe氏)によって開発された仮想通貨です。

2ちゃんねる発の仮想通貨なので、モナコインの流通ロゴはこのキャラクターをモチーフにデザインされています。通貨単位はモナ/モナー(MONA)です。

昔の話なんですが、読者さんの中にはこんなの知ってる人もいるかもしれません。

のまネコ問題とか、懐かしいですねえ。

掲示板での投げ銭で利用されていた

モナコイン(MONA)は、ニコニコ動画やPixivといったサービスで、作品を見た人たちが配信しているクリエイターに対し、モナコインを送金するという投げ銭的なことが行われています。この投げ銭は「投げMONA」とも呼ばれ、コミュニティー内では活況です。

他にも掲示板で質問に答えたら投げMONAを貰えるなんてのもあって、管理人も少し貰った経験があります。

作品を配信している作者や掲示板の回答者はモナコインのウォレットアドレスを掲載しておき、作品を見た人たちがその掲載アドレスにモナコインを送金するという仕組みです。

まさに投げ銭感覚の使われ方ですね。

そんなモナコインですが、実はホワイトリストにも掲載されている仮想通貨なんですよ。



モナコインどうしたww

これが皆さん気になるところだと思いますが、bitflyerの取り扱い開始が大きいようですね。
更にbitflyerのアメリカ進出が拍車をかけます。

これにより認知度が一気に噴火

あと、モナコインってふざけているようで実はハイスペック

既にきちんと認知されているライトコインをベースに開発されていて、Segwit(セグウィット)を導入。取引処理速度は現状ビットコインよりも上というハイスペックなコインなんです。

それが格安で沢山買えたっていう割安感も手伝ったようです。

それからメイドインジャパーン。実はこれが大きいのではないでしょうか。銀行側がやっている中央集権型の仮想通貨は別ですが。

Made in japanというだけで、外国人は結構買ってくれますからね。以前そこら辺の量販店で買った電化製品をe-bayに出品したらホイホイ売れていたので、その威力を実感しました(今はライバルが多いからできませんがw)

これらの要素が重なって今回の高騰に繋がっているように思えます。

まさかビットフライヤーがアメリカ進出するとは・・

ビットフライヤーは手数料が若干高いし、モナコイン買うならZAIFだよね。と思っていたらこのニュース。

ニュースを取り上げた時に少し予想はしていたのですが、これほど爆発的に人気を呼ぶとは正直考えてもいませんでしたw

今買うのは割高感を感じてしまいますが、今後も外国人に人気が出そうなので泣きながら少し買っておこうと思います。

モナコインを買うならZAIFの一択

現状だとモナコインはZAIFとbitflyerで買えるのですが、手数料を考えると間違いなくZAIFが良いです。
ブログ内でこう言うのもアレですが、bitflyerは有名だし安心だけど・・手数料が高い。

■ZAIF登録方法

あまり取引に慣れていない場合はbitflyerをお勧めします。手数料が高いといっても、大量に買わないのであれば気にならない程度なので。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

■ビットフライヤー登録方法

OMAKE

うわぁぁぁぁぁぁぁ。これはちょっとwww


スポンサーリンク

コメントを残す