英国最大の銀行グループが、クレジットカードでの仮想通貨購入を禁止

クレジットカードでの仮想通貨購入を禁止

ロイター通信が報じるところによると、英国最大の銀行グループ、Lloyds Banking Groupは、顧客がクレジットカードを利用して、ビットコインや他の仮想通貨を購入する事を禁止している。

Lloyds Banking Groupは2月5日、900万人のクレジットカード利用者に対し、Bitcoinを購入しようとする試みをブロックすると発表した。
これは昨年末から、わずか2ヶ月で仮想通貨が価値の半分以上を失った事が大きな要因として考えられる。

Lloydsの広報担当者はロイター通信に対し、「Lloyds Bank、Scotland、Halifax、MBNAの間では、仮想通貨の購入を含むクレジットカード取引を受け付けない」とEメールで返答している。

禁止はクレジットカードの購入のみに適用され、デビットカードのユーザーは依然として暗号化の通貨を購入することができます。


同様の措置は英国以外でも

米国のいくつかの銀行も、仮想通貨購入へのクレジットカード決済禁止を発表している。

つい最近、バンク・オブ・アメリカ、JPモルガン、シティグループは、クレジットカードを使用しての仮想通貨購入を阻止すると発表している。

JPモルガン・チェースの広報担当者は、「現時点では、ボラティリティとリスクが関係しているため、クレジットカードを使用した仮想通貨購入を処理していない」と CNBCに語り、他の禁止措置を導入している銀行も声明を発表している。

また、韓国では、カード会社が自発的に海外の仮想通貨取引所との取引をブロックしています。
ビジネス韓国によると「カード会社は、仮想通貨による投機的投資に対する政府の姿勢と努力に沿って、このシステムを採用している」と報じられた。


ホハー こうやってみるとクレカ決済ダメって多いウホねぇ

顧客保護」という名目で広がっているようにも感じますね。
返済能力の乏しい人が限度額まで仮想通貨を購入して、そこから銀行やカード会社が「取りっぱぐれ」になると困るという感じも受けますが。

あ~そういう見方もあるウホね。管理人はコレどう思うウホ?

どうって…銀行やカード会社がどういうスタンスで扱おうと勝手なので、特に気になりませんねぇ。
私達はどこの銀行やカードを使うか「選択する側」なので、その対応が気に入らなければ他のカード作ればいいかなって程度しか。

なるほど~、んじゃクレカで仮想通貨買うのはどう思うウホ?

買った通貨がゼロ円になっても、クレカの返済で生活に支障をきたさないのであれば問題ないと思います。利便性の面でクレカを使う人もいますしね。

さらに言えば…返済能力が無いのを自覚している人が「覚悟をした上でカードを切る」のであれば、それはもう個人の決断の問題だと思います。もちろん個人的には推奨しませんけど。

あ~、結局「カード切る人は他で作って切る」って話ウホね…

そうですね。ただ、それなりの年数FXやら仮想通貨やら、他の投機的なものに触れてきた管理人の意見として言わせてもらえれば…負けた時を想像して、背筋が寒くなるような勝負」は、負ける事が多いと思います。

「これで負けたら…」という思考になっている時点で冷静な判断力が無くなっちゃいますからね。

言われてみれば、ゲームとかでも追い詰められると普段できる操作ができなかったりするウホ

そうそう。それでも勝つことはあるでしょうけど、勝率は間違いなく下がりますから利の良い勝負とは言えませんよね。

仮想通貨投資の場合で言えば、予想した動きと反対の事が起こった時に、最小限の傷で済ませる決断力だったり、チャンスの時に投入できる余剰の資金はとっても重要だと思います。

そういう面から言って、やっぱり「投資は余裕のある範囲で」というのは大事なことだと思いますよ。

お金の余裕は心の余裕にもなるウホよ!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
www.ccn.com
www.reuters.com
news.bitcoin.com


スポンサーリンク

コメントを残す