米・ゴールドマン・サックスがビットコイントレーディングデスクの立ち上げへ

米・ゴールドマン・サックスがビットコイントレーディングデスクの立ち上げへ

米・ニューヨークタイムズによると、投資銀行大手のゴールドマン・サックスは、顧客の要望に応えてビットコイントレーディングデスクを開始する予定であると報じた。

顧客の関心が増加

ゴールドマン・サックスの役員 Rana Yared氏は、NYタイムズのインタビューで『この決定は、代替資産としてビットコイン先物を保有することに関心を示している顧客からの問い合わせが増えたことによるものだ』と述べている。

その一方で、cryptocurrency市場全体について慎重な立場を取っているとも述べている。

『私はビットコインが世界を引き継ぐと考える真の信者として、自分自身を語るつもりはありません。関係するほとんどの人にとって、テーブルに個人的な懐疑心がもたらされている』

『クライアントがビットコインや先物を保持したいのは、それが価値のある代替品だと思っており、私たちはそれに共感している』

開始日は未確定

NYタイムズによると、トレーディング業務の開始日についてはまだ確定していないものの、取締役会での承認を得て、投資契約の様々なスポンサーに自己資金の使用を開始する準備をしていることを報告し、将来的にはビットコインの直接取り扱いを含むより深い行動の開始を検討しているという。

最終的には連邦準備制度理事会および州レベルの規制当局から承認を得て、実際のビットコイン取引を開始する予定だと報じられている。


なるほど~注意はしつつも、お客からの要望があるって感じウホね

ですね、今回の報道では具体的な日時等には触れられてはいないものの、ゴールドマン・サックスの役員が明確に方向性を語ったというニュースですね。

なんか色々盛り上がってきた気がするウホォォォ!

たしかに1月2月の雰囲気と比べると、それは感じますね。
Twitterなどを見ていても、仮想通貨に関連する話題そのものが増えていると思いますし。

市場の盛り上がりと同時に、うさんくさい話も増えてきますから注意してくださいね!

(`・ω・´)ゞ了解ウッホ!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
nytimes.com
www.ccn.com


スポンサーリンク

コメントを残す