管理人がマジメに節約について考えた話

節約って面倒じゃんね?

ボー。

節約しているつもりで実はあまり節約できていなかったりするもので、というか節約とかめんどくせぇってのが大体の本音なワケです。

それでもお金というものは無限ではないので、少し気を付けるだけで結構な効果があったりするものです。

しかし無理してセコセコ節約すると単純にストレスです。

食材や飲み物、電気代や水道代をケチる前に、幹の部分(ランニングコスト)から節約したほうがストレスもありません。

なので「特にストレスもなく割と簡単に節約する方法」を紹介したいと思います。

うっかり通る住宅や駐車場の家賃交渉(年間期待値36,000~120,000)

毎月の大きな支出の犯人はコイツだと思います。

沢山の情報の中から提示された条件を飲んで契約をすることなので、普通の人は家賃交渉とかやる機会は少ないと思います。

でも成功するとかなりデカい。

例えば3,000円の値引きに成功すれば、年間36,000円の値引きということになります。

やってみる価値は十分あります。しかしこれはタイミングが凄く大事。

・入居するとき(4月等の動きが激しい時期は厳しいが、交渉失敗してもフリーレントが付いたりするケースが多い)

・集合住宅の入居者が減ってきているタイミング

・契約の更新時期

・近くの施設がなくなり、不便になった時

何も理由もなくぶしつけに交渉すると「アホなの?」といった反応で終わります。これはあくまで心理戦。

大事なのでもう一度いいます。タイミングがとても大事です。

スマホを格安()スマホへ(年間期待値72,000~)

大手キャリアの携帯電話は「なんとなく」信用があります。

・なんとなく格安スマホは安っぽい

・なんとなく電波が弱そう

・なんとなく手続きが面倒くさそう

みんななんとなく高いお金払ってるウホォ?

本当のところそうなんじゃないですかね?

実は管理人はY-mobileに機種変してみたのですがマジで安い

AUだと大体毎月9,000円の請求が来ていたのですが、Y-mobileに変えてから2,500円。

今のところトラブルもなく使えているので、特に何の問題もなく毎月約6,500円の節約。

違約金1万円を払って解約しても2ヶ月でペイできるので、早いにこしたことはない。

確かに手続きは面倒ですがたった半日頑張れば年間72,000円も浮くわけです。

電話番号をそのまま使う場合、AU電話やSBなら「157」Docomoなら「0120-800-000」に電話してナンバーポータビリティの番号を貰って、以下から申し込み。

申し込みは大体10分で終わります。

Y-mobileなら実店舗もあるので、トラブルの際にも安心かなぁと思いY-mobileにしました。

キャリア決済が使えなくなるので、各サービスにキャリア決済を使っている人は注意が必要です。

格安スマホ屋さんは窓口がスムーズ

画像引用:http://suzunonejh.blog15.fc2.com/blog-entry-4062.html

大手キャリアと違って若い層にユーザーが多いからか暇つぶしに窓口にきているような人達がいなくて窓口が非常にスムーズ。

そもそも格安スマホはほとんどネット上で完結するので、窓口に行く用事がほとんどないですからね。

これは嬉しいウホォ

携帯ショップの窓口は「どうなってんのこれ?」くらい混んでるんですよね。ちょっとした用事でも2時間待ちとか当たり前なのでウンザリです。

公共料金(年間期待値24,000~)

こちらも毎月削られるランニングコスト。

以前記事にもしましたがプロパンガス会社にアホみたいにぼったくられてませんか?

TOKAIガスを使っているアナタ!あなたのことですよ。今すぐ見直したほうが良いです。

こういうサイトを使って自分のガス料金が適正か調べてみると良いと思います。



都市ガスを使っているなら電気とガスのセット料金があるので、使わない手はありません。

このサイトがまとめてくれているので、興味がある人はどうぞ。

キャッシュレス支払い

LinePayで支払うとポイントが付いてきます。タバコを買っても付いてきます。

これが意外とバカにできないもので、気付いたら結構貯まってます。これは割とマジ。

レジで楽ちんだし、購入履歴もきっちり残るし今のところデメリットといえばセブンイレブンで使えないこと。

いつかセブンも対応して欲しいウホォ

保険の見直し(年間期待値12,000~)

保険を一括で見直しできるサイトがたくさんあるので、ヒマがあればやっておいたほうがいいです。

これといってオススメできるサイトもないので「保険 見直し」でググってよ~く考えてみてください。


スポンサーリンク

コメントを残す