熊本電力・マイニング事業への参入を発表

熊本電力・マイニング事業への参入

2018年2月20日、熊本電力株式会社は、仮想通貨マイニング事業を行う関連会社〔OZマイニング株式会社〕を設立し、マイニング事業への参入を発表しました。

OZマイニング

OZマイニングでは、熊本電力から業界最安水準の安定した電気を使用して、顧客ごとに最適なマイニング環境(データセンター型、コンテナ型など条件に応じて)の提供やクラウドマイニングの提供を行っていくとプレスリリースで発表されています。

ウホ!?自社でマイニングして収益あげるんじゃなくて、お客に提供する形ウホ?


電気とマイニング

プレスリリースからの抜粋

■太陽光発電所の出力抑制対策
太陽光発電所が近年増えてきており、一般電気事業者の出力抑制が検討されています。その対策として、出力を抑制する間の余剰電力をマイニングへと振り向けることで、余剰電力のムダを省くことを目指します。

熊本電力ならびにオズマイニングは、仮想通貨関連事業を推進することで、事業領域を拡大し、更なる企業価値の向上を図ってまいります。

ホッホー 要は需要より多くの電気が発電できて余ったら、それを割安でマイニングに回すぜって感じウホ?

プレスリリースを見た限りだとそういう話みたいですね。
今後もっと情報が出てくれば、実際にどういうシステムで稼働するのか把握できると思います。

余剰なった分を無駄にせず使えるなら、すごい良さそうウホね!

再生可能エネルギーは消費者への印象も良いですし、新しく仮想通貨に興味を持つ人も増えるかもしれませんね!

続報を楽しみに待ちたいと思います!

ウホッ♪(`・ω・´)ゞ

※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
kumamoto-energy.co.jp
oz-mining.com/


スポンサーリンク

コメントを残す