ゴリさんの海外の仮想通貨取引所を活用するための英単語教室

ハードフォーク関連で、HitBTCに仮想通貨を送金している時にふと思いました。
管理人の友人も含め、海外取引所を苦手にしていたり、抵抗がある人って多いよなぁ…と。

海外とはいえ、取引所でやる事なんてほとんど日本と一緒。ネックになるのは取引を行う際に使う英語くらいのもんです。
よく使われる英単語を覚えておけば困ることは少ないハズ。なので、今日は海外の仮想通貨取引所で使われるような基礎的な英単語教室をしようと思います。

海外取引所で使える英単語教室

register(レジスター)

登録する」という意味です。「Sign up(サインアップ)」と同じ意味で、他海外取引所では「sign up」が使われる事の方が多いです。

Sign in(サインイン)

ログイン」するという意味です。他取引所では「Log in」という言葉で使われる方が多いですね。

Accpet(アセプト)

同意する」という意味です。規約に同意しますか~?みないな箇所で登場します。

exchange(エクスチェンジ)

交換・両替」という意味です。主に取引所という意味で使われています。

Deposit(デポジット)

入金」という意味で使われています。オークション等で「保証金・預け金」として使われることも多いです。

withdraw(ヴィズドゥロー)

出金」という意味で使われています。「取り下げる・引き出す」といった意味で使われます。

Value(バリュー)

価値」という意味で使われます。評価価格みたいな感じです。

Confirm(コンファーム)

認証/確認する」という意味で使われます。

Fee(フィー)

手数料」という意味で使われます。

Amount(アマウント)

取引数量」という意味で使われます。

Balance(バランス)

残高」という意味で使われます。

Enable(ェネイブル)

有効にする」という意味で使われます。

Disable(ディゼイブル)

無効にする」上の「Enable」の反対語です。

ついでなので、色々なゴリさんを使ってみました☆

これくらいで大丈夫!

これくらい分かれば多分大丈夫です。海外の仮想通貨取引所でトラブルがあった場合は、管理人にツイッターでメッセージくれたり、ブログにコメントをくれたらお手伝い出来ると思います。

海外取引所の翻訳機能は恐らくグーグルの翻訳です。なので結構雑です。例えば出金手続きでメールに届くような「Confirm Withdraw」はそのまま読めば「引き出しを認証する」という意味ですが、グーグル翻訳にかけてみると「撤回の確認」と表示されます。

「撤回の確認?」意味が分からないウホーッ

そうなんですねー。何でもかんでもグーグル翻訳に頼っていると混乱を招く場合があります。海外の仮想通貨取引所を扱うのであれば、上に挙げたような最低限の単語は覚えておいたほうが良いです。

管理人はBinanceで2段階認証を紛失したり、hitBTCで誤送金してサポートにお世話になっているので・・まぁ大体は対応できます。

ドジって言うなウホーッ!

ついでで申し訳ないですが

bankeraのICOがもうすぐプレセール終わりです。明日の朝には10億bankeraが売り切れてそうです。

次は確か0.018ETHになるんだったかな?今なら0.017ETHで買えるので、気になっている方はお早めに。

英語は怖くない

就職失敗して海外放浪した経験が、こんなところで生かされるとはw

世の中には様々な教材がありますが、結局のところはネイティブに触れるのが一番良いと思います。コミュニケーションとれないと死ぬ危険もあるからなw

この人の英語はとても楽しくて分かりやすいです。教え方もお上手。お暇な方は観てみると良いですよ~。


スポンサーリンク

ゴリさんの海外の仮想通貨取引所を活用するための英単語教室” に対して 6 件のコメントがあります

コメントを残す