昨夜Binanceで全通貨出金停止。API利用者が不正ログイン

Binanceがハッキングに遭ったワケではない

メディアが大喜びしそうな案件ですが、Binanceがハッキングされたワケではありません。

ハカーにより自動売買用のAPIを操作されて、一部API利用者の通過が勝手に売られてVIAという通貨が買われたんだとか。

VIAが爆アゲした後、ハカーがVIAをBTCに両替して送金したようです。

APIって?

簡単に説明すると「ソフトウェアを一部公開し、他ソフトウェアと機能を共有できるようにしたもの」です。APIキーを使うことで、外部からソフトウェアを利用することができる(アプリ同士で一部の機能を連携することが可能となる)仕組みです。

スマホを使っていると「FaceBookへのアクセスを許可しますか?」なんてよく出てくると思います。許可することで連絡先を同期したり、各画像を簡単に共有できるようになりますよね。

元カノが出てきてそっと閉じたウホ

あれ・・どういう仕組みなんでしょうね。人の機微を察してくれると嬉しいのですが。

話は逸れましたが、今回のケースで言えば「自動売買bot」とかそういったものでしょう。

Binanceは一時全通貨出金停止

昨夜Binanceで全通貨が出金停止となっていました。

APIを利用していた人が不正ログインの被害に遭い、通貨が勝手に売られたとの情報です。

昨夜3時頃に入った情報でしたが・・・なんと既に復活の模様。

簡単に訳すると「おかしな取引を取り消しました。入出金はまもなく再開されます。この結果ハカー達は盗んだコインを失いました。盗まれた資金はバイナンスチャリティに寄付します。詳細は後ほど発表します」

あっさり解決

まさに管理人はそんなリアクションでした。圧倒的な対応スピードです。これは・・・多分日本の取引所では無理だろうなw

昨夜未明に知った情報だったので、今日の朝のニュースに・・・と思ってたら解決していたっていう。

ただのBinanceスゲー!なニュースになりました。

Binanceからアナウンスがあるそうなので、追記しておきます。


スポンサーリンク

コメントを残す