日本仮想通貨交換業協会が自主規制ルールを設定

日本仮想通貨交換業協会

確か今年3月に発足した自主規制を目的とした団体ですねえ。紛らわしいので以下「自主規制団体」とします。

内容は違うみたいですが似たような団体として「日本仮想通貨事業者協会」「日本ブロックチェーン協会」があるんですよね。

それぞれ「お金についての規制」と「ブロックチェーン技術」の団体なので、別物なんだそうです。

ちなみに加盟している16団体は

マネーパートナーズ・QUOINE・bitFlyer・ビットバンク・SBIバーチャル・カレンシーズ・GMOコイン・ビットトレード・BTCボックス・ビットポイントジャパン・DMM Bitcoin・ビットアルゴ取引所・エフティティ・BITOCEAN・フィスコ仮想通貨取引所・テックビューロ・Xtheta

自主規制団体が打ち出した自主規制ルール

画像引用:bokete

不正取引を禁止

法律上インサイダー取引の対象外ではあるけど、不適正な取引を未然に防止するとのこと。

キムチはこの辺のモラルが皆無のようなので・・モデルケースとなってG20等の国際的な場で議論して欲しいところですね。

資産管理方法の管理

コインチェックショックの時に「コールドウォレット」と「ホットウォレット」の話が出て、知った人も増えたと思います。

秘密鍵はオフラインで保管し、担当部門を設置する等のルールが設定されたようです。

取引システムの改善

約定の取り消しや価格の乖離についてのルール。

もはやネタでもあるのですが、注文がほとんど通らないツルツルFXログイン出来ない502取引所。そもそも手数料(スプレッド)が半端じゃない取引所も多い。

急に改善されるとは思えないので、やはり国内取引は「ビットバンク」が一番信用できて安全のような気がします。

海外取引所なら「Binance

レバレッジの取引(先物取引)をするなら「BitMEX」でしょう。

数々のニュースを扱っての結論ですが、理不尽に資産を減らしたくなければ国内の仮想通貨の先物取引は使わないわない方が良いと思いますよ。

ビットバンクの登録方法

■bitMEX登録方法

マネーロンダリング(資金洗浄)対策

匿名性の高い通貨を扱わない。疑わしい取引は金融庁へ報告するそうです。

知らない人もいるようですが、仮想通貨の取引があると相手のサイフの中身やレシート、その先の取引が丸見えなんです。

税金的な意味や資金の流れを確認する上ではこの上なく便利だと思いますが、あまりにも透明過ぎるので仮想通貨の一般流通化に向けて何か対策があれば良いんじゃないかなぁ?と思っています。

何を言っているのか良く分からないという人は、試しに自分の送金トランザクションを辿ってみると良いですよ。

広告について

成果報酬型広告が仮想通貨の取引を煽って投機を過熱しているので、成果報酬型広告による勧誘を禁止するとのこと。

アフィリエイト禁止するウホ?

そのように捉えられますね。ということは・・・CMでもやるんですか?

個人的な意見ですが

「(出○さんや剛○さんで)大々的にCMをやる」→「問題おこして盛大にやらかす」→「叩かれる」といった形がテンプレになっているし、何か違うような気もします。

アフィリエイト報酬は少ないが、仕事キッチリで安心して紹介できるビットバンクやBinance。

アフィリエイト報酬は非常に高いが、危なっかしくて紹介できない某取引所。

閲覧者には不当に損して欲しくないので、危なっかしい取引所は紹介したくないのが本音です。

画像引用:日経新聞

G20に向けて規制のモデルケースになって欲しい

今後の仮想通貨の繁栄に規制は必須になると思います。

世界にはお金さえ積めば詐欺のようなトークンが上場できる取引所や、正当なトークンであっても上場費用を後出し請求する取引所、制限なく仮想通貨を動かせる取引所が存在します。

これらの自主規制が規制となり、各取引所のスタンダードになってくると良いですねえ。


スポンサーリンク

コメントを残す