広告ブロック?よろしい、ならばマイニングだ!

広告orマイニング どちらかを選ぶなら?

アメリカのWebマガジン〔Salon〕は、サイトの広告収入低下を回復する手段として、閲覧者への《仮想通貨マイニングオプション》を提供しています。

Salon

〔Salon〕は、上場企業Salon Media Groupが運営しています。

このサイトでは、他のメディア企業と同様に、執筆者への報酬を広告収入から支払っていると説明し、最近の「広告ブロック」を使用する閲覧者の増加は『収益に深く関わっている』と説明しています。

現在、ベータ版(試用版)として運用されているこのプログラムでは、広告ブロックを使用して〔Salon〕のウェブサイトを訪問すると、下の画像のような選択肢が表示されます。

広告ブロックONの場合

※ページを翻訳にかけたものです。

ホホー 広告かマイニングか、ユーザーに選択させるっぽいウホね!

広告表示かCPUパワー提供か

訪問者のCPUパワーを使用してのマイニング行為には「Coinhive」と呼ばれるプログラムがよく使用されています。

CoinHiveは、ウェブサイト上に設置したJavaScriptプログラムを使用して、サイト訪問者のコンピューターの演算能力を利用して、仮想通貨MONERO(XMR)をマイニングする為に動作します。

その使用用途の多くは、訪問者に通知を行わずPCパワーを秘密裏にジャックしてマイニングに使用する形であり、一般的に「Coinhive」はマルウェア(悪意のあるプログラム)として分類されています。

〔Salon〕では、広告ブロックを利用するユーザーに対し、事前に選択肢を表示し、そのプロセスを説明した上で選択ができる形をとっています。


サイトと広告

管理人はこれどう思うウホ?

以前もゴリさんと話しましたけど、訪問者に事前に通知して了承の上でなら良いんじゃないですかね?
現状、Coinhiveそのものは何かデータを盗み出したりするようなものでは無いみたいですし、訪問者は両方イヤならサイトを見ないという選択もできるので。

Coinhive登場したばっかの時は『広告の新しい形かも!』って流れあったウホね

秘密裏に行うところが大半だったので、マルウェアに分類されるのは仕方が無いでしょうね。

知らない人にとっては、とあるサイトに接続したらCPUが全力疾走をするわけですから。

ちなみに管理人は広告ブロックして、サイト見に来る人どう思うウホ?

ん?個人の勝手だと思うので、特に気にしてないというか…広告ブロックだろうがなんだろうが、定期的に閲覧しにきてくれたら普通に嬉しいですよ。
それ自体がサイトの評価に繋がるワケですし。

んで…本心は?ウホ♡

いやホントですってばw

そりゃサイトを運営している以上は広告収入もすごく大事ですし、赤字だと運営も続けて行けません。
とはいえ、広告ブロックお断り!とか言い出すなら、最初から会員限定サイトとか作った方がいいんじゃないかと思いますw

あ~たしかにそうかもしれんウホ

サイトを運営する側も、適切なレベルでの広告表示にしておくように気をつけないといけません。

ちなみに…このニュースの〔Salon〕に普通に接続すると、ありとあらゆる広告のサイズや種類が楽しめるレベルでしたw

PCで見たら上下左右に広告あるレベルだったウホww

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
www.salon.com
news.bitcoin.com


スポンサーリンク

コメントを残す