大損で顔真っ赤なの?JPモルガンCEO「ビットコインは詐欺」発言

ロイター通信によると、米大手銀JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は12日、仮想通貨ビットコインは「詐欺であり、崩壊する」と強く批判した。

ダイモン氏は当地で開かれた投資家会議の席で「ビットコインは続いていかない。どこからともなく通貨を生み出せたり、それを購入する人が本当に賢いと思われているようなところでビジネスなど出来ない」と語った。

JPモルガンなど大手金融機関の多くは、ビットコインを支えるブロックチェーン(分散型台帳)技術に積極的に投資してきた。

ダイモン氏はブロックチェーン技術はさまざまな事業分野への適合が進んでいるため、今後数年で本格的に実用化されるとの見通しを示した。

ビットコインについては、投資家が大損することになると予想。
「誰も現実が見えていないことにショックを受けている」とした。

※ニュース引用

仮想通貨で大損でもしたウホ?

そんな感想しか出てきませんでした。理由が全く掲載されてないw
漠然と否定してしまうのはいかがなものか。

ネガティブな意見にもひろゆきさんの動画のように理由がキチンと付いていれば、一つの考え方として捉えることが出来るのですけどね。

といっても所詮は日本のメディアだもんな~。と思って海外ニュースを漁ってみました。

親切に動画までついてました。

日本のメディアは適当な報道すんなw

彼はインタビューで、ジョークを織り交ぜて仮想通貨とブロックチェーンについて語ったようです。

簡単に言ってしまうと「ブロックチェーンは支持するが、仮想通貨は支持しない
仮想通貨はバブルであり、いつかはじける」といった発言をしたようです。

要するにバブル状態だから危険だ。と言いたいわけですね。

日本経○新聞とか、明らかに偏った報道ウホ

日本のメディアは英語が読めないんでしょうかねえ。

このニュースでは「何も考えずに仮想通貨に投資しすぎじゃないか?危険ですぞ」と警笛を鳴らしているようにも捉えることができます。



ちゃんと背景もあるんですよ

JPモルガンは7月~9月のトレーディング収支について、前年比20%減少との見通し。とのニュースが発表されています。

ひょっとしてRippleの買い煽り騒動や、中国側のICO騒動で大損して顔真っ赤になってるパターンじゃないの?w

ところでバブルって?

よく羽振りが良いことを「バブリー」なんて表現しますが、経済においてのバブルとは「実態のない経済・中身のない経済」の事を指します。

適正価格以上に価格が上昇する過熱市場の状態を指します。

仮想通貨ってバブル状態なの?

果たしてどうなんでしょうかね。

仮想通貨の特徴を考えずに「買っておけば儲かりそう!」という理由で皆が投資しているのであれば、それはバブルなのかもしれません。
安全資産、送金が便利な通貨として価値があるのであれば、適性価格であると言うこともできます。

つまりはグレー。人によって意見が分かれると思います。

以下は個人的な意見

仮想通貨の特徴や内容も分からずに「儲かるんじゃね?」という感じで投資している方も数多くいらっしゃると思うので、少し加熱しすぎか?と思っています。

かく言う私は実際に海外の買い物で仮想通貨を使っているので、便利なことこの上なし!早いし手数料も破格だしサイキョ!と評価しているので、別に価格が下がろうが上がろうが使い続けるでしょう。

現段階では実態が伴っていない(法整備も整っていない)状態なので、バブルといえばバブル。
ワケも分からず投資している人々も沢山居るはずです。

しかし将来的に見ると、仮想通貨の技術は将来性がある素晴らしいモノだと思っています。
長い目で見れば実態が価格に追いつき、更に数に限りがあるのでより価値(価格)が上がるのでは?と考えています。


スポンサーリンク

大損で顔真っ赤なの?JPモルガンCEO「ビットコインは詐欺」発言” に対して 3 件のコメントがあります

コメントを残す