グラボ争奪戦が5分で決着!

AMDの新グラボが販売開始⇒即売り切れ

有名グラボメーカーであるAMDは、今週初めに新しいグラフィックカード《Radeon RX Vega 56》を発売し、5分ほどで主要なオンラインショップから完売した。

Radeon RX Vega 56は発売前から、製造ラインの問題で供給量が厳しいとは予測されていたが、今回の件で、世界的なグラフィックボードの供給量不足が明確になった。

ウホー発売して5分で完売ってすごいウホね

もともとグラボは映像処理に特化したパーツで、PCで高グラフィックのゲームをしたりする時に必要なものなんですが…最近のマイニング市場の急成長で、必要とする人が一気に増えて供給が追い付かない現状が続いていますね。

マイニングの成長に伴ってグラボ需要が急増

仮想通貨のマイニング市場は2017年に前例のない成長を見せており、それと同様にマイニング機器に対する需要も高まっています。

イーサリアムのような、いくつかの仮想通貨は、現在GPUを使ったマイニングが最も効率的だと言われており、マイナーは収益性を維持する為に最新の技術と機器を必要としています。

そんなにグラボをコロコロ取り替えないといけないウホ?

グループとしてマイニングをガチで行っている層は、1つのグラボの性能の差異が非常に重要になります。

私達が数枚のグラボで行っている程度なら、旧⇒新にすこし性能を上げても利益は知れていますが、何百枚何千枚の規模で行っている人にはちょっとの性能差がデカいですからね。

たとえば、新発売のグラボが今までと同じ性能で、消費電力が5%削減されていたら…何千枚を回すような規模では大きな金額になりますよね。

すぐ新しいのに買い替えるなら、元々のやつもいい値段で売れそうウホ…

ですね。グラボ全体が供給不足ですし、少し前のものであれば売りやすいです。

私も自分用のマイニングPCに積むグラボを探したんですが…、いわゆる[適したグラボ]は在庫がサッパリでしたからね。


ゲーマーは怒っています!

現在の需要の急増により、ゲーマーは適正な市場価格で最新のGPUを手に入れる事が難しくなりました。

この問題は、今回だけに限った話ではありません。

2017年の初頭に、マイニング需要によってAMDのRadeon RX 580とRX 570のグラボが、主要なオンラインショップで売り切れが続出した。

AMD Radeon Technologies Groupの上級副社長兼アーキテクトのRaja Koduri氏は、「私たちは興味深い時代に住んでいる」とTwitter上に投稿しました。

AMDは、ゲーム市場が最優先であると公式に表明しているが、マイニング市場に大きな変化が訪れるか、生産数を増加し供給量を確保しない限りは、この状態が続くのではと言われている。

ウッハー、もうゲーマーとマイナー間でグラボ争奪戦ウホね?

おまけ 管理人、グラボを語る

ゲーマーにとっては『ゲームに使うワケでも無いのに最新グラボ買い占めるとかふざけんな!』って印象でしょうね。

ウホー、ゴリもPCでゲームするけど、そんなに最新グラボって必要ウホ?

それはゲームの種類によります。

ドラクエのような種類のゲームであれば『画面がキレイで滑らかに動けば』あんまり不満はありませんよね?

それがFPS(銃でプレイヤー同士が打ち合うようなゲーム)では、グラボだけに限らず、PC周辺機器の性能が非常に重要になります。

相手の足音が聞こえて振り向く⇒その画像処理に一瞬でも引っかかりがあれば、負けるのは自分です。

そういったゲームを《ガチで》プレイするなら…回線速度・ディスプレイの応答速度・マウスやキーボードの性能まで全て高レベルなものが必要です。

ウッホー、すごい世界ウホ…

基本的に、リアルタイムでプレイヤー同士が対戦するアクション性の高いゲームでは、グラボの処理能力は重要ですからね。

負けたくないって真剣に考えると、出来るだけゲーム環境にはこだわりたいものです。

相手がジャンプした時に、グラボがショボくて落とせなかったら悔しいじゃないですか。

『見てから昇竜拳 余裕でした^q^』って言いたいですし。

それは加齢による反応速度の衰えじゃないウホ?

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m
※参照元⇒この記事はコチラを参考に執筆しました。


スポンサーリンク

グラボ争奪戦が5分で決着!” に対して 2 件のコメントがあります

コメントを残す