取引所OKEx・「異常な」先物取引をロールバック

「異常な」先物取引をロールバック

香港の仮想通貨取引所〔OKEx〕は、BTC先物取引プラットフォーム上で行われた『異常な取引』を*ロールバックすると通知しました。

※ロールバック⇒簡単に言えば「巻き戻し」、問題が発生する前の状態に戻すこと。

仮想通貨の先物取引ってなに?

ザックリ言えば『期間が決まったFX的なもの』です。

FXとの違いは、指定された日に強制的な決済がされる点で、それまでの期間はいわゆる普通のFXに近い取引方法です。

スポンサーリンク

OKExでの異常な取引?

2018年3月30日(香港時間)の5:00〜6:30の期間にOKExで行われたBitcoin先物取引が、世界的な平均取引価格と比べ、不可解に下落した事件です。

他の取引所による同様の先物取引では、概ね7,000ドル前後の取引であったのに対し、同時間帯でのOKExの取引価格は4,800ドル付近を記録しています。

OKExによれば、複数のユーザーがコストを考慮せず、異常な価格で膨大なポジションをクローズ(売り注文)し、価格を下落させたと説明している。

んと…管理人、世界平均と比べてガクーンと下落したのの何が問題ウホ?

まず、急激な価格変動による影響は下に別項目を作りました。

管理人はOKExを使った経験が無いので、推測を含みますと前置きした上でになりますが、要するに今回のOKExの話は…『他は7,000ドル付近なのに、なんでOKExだけ急落なんだ!おかしいじゃねーか!』という話だと思います。

あ~何か問題があって急落して…損した人がたくさん出てるかもって話ウホ?

ですね。世界的な相場とかけ離れた価格変動なので、システムの不備や、悪意ある人為的な操作などが疑われているという話みたいです。
投資家からの意見では『OKExが悪意持ってやったんじゃないのか!』という主張も見受けられます。

なるほど~ホントにそうなら強制決済で損した人は納得いかんウホね

そもそも、本当にOKExから説明されているような話だとすれば、誰でも簡単に価格操作できるというシステムだという事になってしまうんですが…その辺はどうなんでしょうね?

現状では原因について「調査中」との事ですが、ロールバックという対応を行ったということは、何かしらの問題があった、という事じゃないでしょうか。


急激に価格が変化すると何が起きる?

先物取引、FXなどでは自己資産以上の金額で取引を行うことができる『レバレッジ取引』が主流です。

レバレッジ取引に関しては、ぜひコチラをご覧くださいm(__)m

元手1万円で、10万円分の取引みたいなヤツウホ!

それらの取引は利用者が取引所に入金している残高によって、耐えられる価格変動の幅が変化します。

急騰・急落すると強制決済で「負け確定」なる人がたくさん出るウホ!

投資家からは抗議の声

この事件によって、OKExの顧客からは抗議の声が寄せられており、ある1人のユーザは強制的な清算によって1100万元(約180万ドル)を失ったと主張しており、OKEx香港本社前で『問題が解決されなければ自殺する』などの抗議を行っているという。

OKEx側は問題の時間帯の取引をロールバックして対応し、現在は取引を再開しており、問題の価格変動の詳細な原因については今後の調査を経て発表するとしている。

ウッハー そりゃ大金ぶち込んでる人からしたら死活問題ウホね…

なぜか自分の使っている取引所だけ急落という形ですもんね。
今回の件は、ひとまずロールバックという形で対応されましたが、これがもしマイナーで名前の売れていない小さな取引所だったら…と想像すると怖いですね。

たしかに…結果だけ押しつけられて「え?これ普通だよ」って言われたらヤバそうウホォ…

取引の数字以外にも色々なリスクがありますし、特に先物やFXなどは取引所のルールを十二分に把握し、リスクを理解した上で行ってくださいね!

特に、負けたら背筋が寒くなるような勝負はオススメしません。フラットに判断できる精神状態も大事だと思いますよ!

財布の余裕は心の余裕にもつながるウホよ!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
www.ccn.com
support.okex.com


スポンサーリンク

コメントを残す