取引所BTCC・6月から新しい取引プラットフォームを開始

BTCC・6月から新しい取引プラットフォームを開始

香港を拠点とするBTCCは、WEBサイト上で6月に新しい仮想通貨取引プラットフォームの開始を発表しました。

BTCCは、プラットフォームの開始にあたり『3ヵ月間の取引手数料無料』をアナウンスしています。

最先端の取引システムを

BTCCの新しいプラットフォームでは、USD/BTC・BCH・ETH・LTCなどの主要な仮想通貨をサポートし、利用者のニーズを満たすために、他の取引ペアも定期的に追加する予定であると発表しています。

WEBサイトの発表では、7年間の取引運用経験を活かし、デジタル資産を保護するためにオフラインのコールドストレージとSSL暗号化されたトラフィックを含む最先端の取引システムをユーザーに提供するとしています。

『私たちはセキュリティを非常に真剣に受け止め、妥協していないという事実を誇りに思います』


BTCCの帰還

元々は〔BTC China〕の名称で知られていた同社は、仮想通貨が登場した初期から運営を開始し、最古の取引所とも言われている。
しかし、2017年9月の中国当局の禁止措置の影響で、取引の大半を停止していた。

2018年2月に香港に拠点を置くブロックチェーン投資ファンドによって買収され、それによって事業拠点を香港とロンドンに移している。

ウホー そういや去年の中国騒動の時も、たしか一番最初くらいに取引停止しまーすって発表してたウホね?

それ以降は純粋な仮想通貨同士の交換と、ウォレット、マイニング関係の事業などで運営を行っていたらしいです。

停止前はすげーデカイ取引規模だったウホね

当時はトップレベルだったように記憶しています。
今回の件は、買収によって事業拠点が移ったことで、取引所業務を再開という話みたいですね。

古強者の帰還って感じウホね!

昨年の中国騒動の荒波を真正面から受けたようなもんですからねw
長年の運営経験を活かして市場全体を盛り上げてくれるといいですね!

あの騒動を乗り切ってカムバックなら…ちょっとやそっとじゃビクともしなそうウホw

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
www.btcc.com
www.ccn.com


スポンサーリンク

コメントを残す