取引所Bithumb・独自トークンの発行へ

Bithumb・独自トークンの発行へ

韓国を拠点とする仮想通貨取引所〔Bithumb〕は、独自トークン発行のためにシンガポールに法人を設立し、『Bithumbコイン』発行に向けて準備を進めている。

ホホー BinanceのBNBみたいなの出すよって感じウホ?

韓国〔tokenpost.kr〕の報じるところによれば、Bithumb関係者の発言として…
『Bithumbコインは、Bithumbの子会社が取得した現地法人で進行中である』
『具体的な日程・発行規模などの詳細については確定していない』
と述べたとしている。


取引所のトークン

仮想通貨取引所による独自トークンの発行は、Binance、Huobiなども行っている。
それらは取引所の運用コストを確保すると同時に、コイン間取引への活用などの利点がある。

韓国では国内でのICOが全面的に規制されており、Bithumbはシンガポールに法人を設立することで、国内の規制を迂回することができる。

ウホー 要は未確定だけどトークンの発行に向けて動いてるって話ウホね

ですね、話の内容的にはそれだけなんですが…国外に別な法人を設立することで発行が可能となるという形に少しだけモヤッとした印象になりましたw

ユーザー側にとっては大して変わらんのに、アチコチ動くってなんか効率悪い気がするウホー

国ごとの規制や法律があるので、当たり前と言えば当たり前なんですけど…取引所が拠点になる地域を移動したりすることでクリアするという現状は少し疑問に思いますよね。

追いかけて何かするべきという意味じゃなく、移動したからと言って、ユーザー側はあまり影響が無いという意味で。

規制は国単位だけど、取引は世界ウホ!

その辺は今後の課題だと思いますし、文字通り発展途上ですもんね。
既存のサービスや取引プラットフォームを運営する企業からのトークン発行は、期待する人も多いですし注目ですね!

ウホッ♪(`・ω・´)ゞ

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
tokenpost.kr
financemagnates.com


スポンサーリンク

コメントを残す