取引所Zaifがビットコインゴールドに関しての対応を発表

Zaifの発表内容

Zaif公式サイトより抜粋》

2017年10月20日

下記の可能性があるため、現時点ではBTGの付与・入出金・取引は行わないと判断いたしました。

●リプレイ攻撃に対する保護、対策が不十分である可能性がある
●マイナーが十分に集まらずにブロックが継続的かつ安定的に生成されない可能性がある
●何らかの脆弱性があり、お客様資産の保全が確実ではない可能性がある

また、弊社では付与の如何にかかわらず、分岐時点とされる491407block時点(2017年10月25日前後)でのお客様のビットコイン(BTC)残高のスナップショットを保持します。

ふむふむ、ひとまず現時点では安全第一ってことウホね

Bitcoin Goldの取引が実際に行われて、問題なく稼働する事が確認出来てからでも遅くはないという判断のようです。
たしかにマイニング規模は懸念される問題ですし、状況を見定めるのは大事ですね。

マイニングする人が少ないのって、使う側になんか問題あるウホ?

マイニング=取引の承認ですから、その作業を担うマイナーが少なければ、送金手続きをしてもいつまでも届かない等のトラブルが想定できます。

Zaifさんとしては、「まずはビットコインゴールドが安全・確実に稼働するか見極める」というスタンスですね。

ビットコインゴールドへの今後の対応は?

Zaif公式サイトより抜粋》

ZaifではBTGに限らず仮想通貨の取り扱いにおいて、お客様資産の保全、市場環境、継続的運営、セキュリティ等の観点を考慮して取り扱い可否の判断をしております。

ただし、前述の懸念される可能性がすべて解消された場合において、他通貨と同様に弊社の判断でBTGの取り扱いの検討を行う予定です。

付与すると判断した場合は、前述のスナップショットに基づきお客様へBTGの付与を行います。

ホホー、分岐時点の記録は残しておくから、今後付与するかもって話ウホね

Zaifさんとしては、現段階では付与は行わないけど、分岐時点でZaifにビットコインを保有してた人達には、安全性が確認されたらビットコインゴールドを付与する可能性がありますよという事ですね。

なるほど~。それなら納得ウホ

ただ、Zaifさんはあくまでも「付与する可能性がありますよ」という表現です。

確実にビットコインゴールドを受け取りたいのであれば、付与を発表している取引所に一時的に移しておくのがいいかもしれません。


やっぱ取引所っていろいろ使えるようにしておくほうがいいウホね

普段使う場所は数か所に固定でいいと思いますけど、こういった時にすぐ使えるように、アカウント自体は持っておいた方がいいでしょうね。

了解ウホ!(`・ω・´)ゞ

国内大手取引所の開設方法をまとめた記事です。良かったらどーぞm(__)m


スポンサーリンク

取引所Zaifがビットコインゴールドに関しての対応を発表” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す