取引所コインチェック[Coincheck]、不正ハッキング被害でNEM/XEM(ネム)が流出

コインチェックで不正ハッキング被害・NEM/XEM(ネム)流出

2018年1月26日、日本の大手取引所コインチェック[Coincheck]で、《不正ハッキングにより仮想通貨NEM(ネム)が流出した事が発表されました。

26日23時頃から記者会見が行われ、現時点の状況が説明されています。
流出は不正ハッキングによるものとされ、流出したNEM/XEM(ネム)の総量は、5億2300万XEM日本円で約580億円相当だという事です。

記事執筆時点で、コインチェック[Coincheck]では全通貨・日本円の入出金を停止し、状況の対応にあたっているとの事です。

記者会見では、詳細な状況・今後の対応については「調査検討中」であり、今後に明らかになるものと思われます。

ユーザーはどうすればいい?

おそらく今回の件が解決するには長大な時間が必要になると思われます。

市場そのものも大きく混乱していますし、当面の間は真偽不明の情報もたくさん飛び交います

だからこそ、管理人自身も被害を受けたユーザーのひとりとして言っておきたいのですが、決して出所不明な言葉に惑わされないでください

「今なら資金を全額取り戻せるから連絡してくれ」
「他の資産を守るからコレをダウンロードしろ」
「調査するからID/PASSを教えてくれ」
「資産を取り戻すにはココをクリック!」

こんな言葉に安易に反応せず、落ち着いて行動してください。

この混乱は詐欺師にとっては大チャンスです。自分の資産がどうなるかわからないという不安につけ込んで騙そうとする人間が必ず現れます。

預入資産を引き出して、早く安心したいのはみんな同じ気持ちです。
ユーザー全員が不安なんです。そういう時だからこそ落ち着いて冷静に行動しましょう。

少なくても現時点では預入資産がどうなるか確定的な発表はありませんし、公的な発表以外は全て「〇〇だろう」という意見です。

今の時点で私達ユーザーに出来ることなんて限られています。不確実な情報に踊らされて、危険な行動をとってしまわないように注意して、今後の発表を待つ事を推奨します。

ハードウォレットについて

おそらく今回の件を機会に《ハードウォレット・コールドウォレット》に関する情報が多数発信されると思われます。

もし今回の件を機に導入を考えている場合、ハードウォレット端末は必ず《信頼できる販売元から購入》してください。
具体的にはメーカーの公式販売ページです。

出品者不明のオークションや中古品などの購入は危険です。
中古の端末を購入した人が資産を奪われるという事件も起きています。

分散投資の重要性

当サイトでも大手国内取引所として記事中で紹介をしていたので、今回の件は非常に残念です。
詳細な事実関係が発表され今後の対応がハッキリするまでは、サイト内の主要記事から[Coincheck]を外しました。

管理人自身もコインチェックに大きな信頼を寄せていたし実際に自分が使う取引所でもあるので、大きなショックであると同時に『分散投資の重要性』を再認識するキッカケになりました。

仮想通貨に限らず、株式投資などでも「分散投資」は有効な方法とされています。

取引所を選び開設し、入金する時点から仮想通貨投資はスタートしています。
仮想通貨に関連した時事ニュースを毎日チェックしていると、ハッキング被害や取引所に関連した報道を数多くみかけます。

取引所・アプリ・ウォレットなど、仮想通貨に関連するもの全てにおいて様々なリスクが存在します。

以前の記事でも触れていますが、複数の取引所を用意するのも[リスクの分散]という意味で非常に重要です。
所持する通貨の種類・取引所・ウォレットの管理など、この機会にあらためて深く考えるべきであると感じています。

繰り返しになりますが、とにかく落ち着いて冷静に行動しましょう。

状況が状況だけに「何かしなきゃいけないんじゃないか!?」という気持ちになりますが待つ』ことも重要な行動の1つです。


スポンサーリンク

コメントを残す