取引所クラーケン(Kraken)・日本からの撤退を発表

クラーケン(Kraken)・日本からの撤退を発表

米サンフランシスコを拠点とし、長期間の運営で老舗の取引所として知られているクラーケン(Kraken)、日本国内へのサービス提供を行う〔Payward Japan株式会社〕は、日本国内サービスの撤退を発表しました。

クラーケンの日本版運営ってことウホね

Kraken WEBサイトから抜粋

この度 Payward Japan株式会社 (サービス名 Kraken) では日本居住者に向けた仮想通貨交換業サービスを廃止する事を決定致しましたので、お知らせ致します。
サービスの廃止や利用者財産返還の日程につきましては、詳細が決まり次第、お客様へご連絡させて頂きます。
尚、この日本地域におけるサービスの廃止は日本居住者のお客様に向けた変更であり、海外グループ会社が運営するサービスを利用頂いている非居住者や海外在住企業は対象外となります。

引用元⇒support.kraken.com

撤退までのスケジュール(※予定)

・2018年5月中旬(予定)入金・入庫最終日
・2018年6月中旬(予定)売買取引最終日
・2018年6月下旬(予定)出金・出庫最終日





なるほど~要は日本運営を撤退って感じウホね

ブルームバーグなどの報道では、日本で事業を継続するにあたってのコストの上昇に触れられています。
コインチェックの騒動以降、金融庁の目も厳しくなっていますし、その影響もあるんじゃないでしょうか。

あ~そういえば取り扱い通貨の種類も多かった気がするウホ

Payward Japan株式会社は、現状で「みなし業者」の扱いです。
そこから認可を受ける為に必要なコストを考えると…厳しい部分もありそうですよね。

とはいえ、いわゆる海外版クラーケンは普通に運営されるワケですし、そちらを使うのもアリかもしれませんね。

バイナンスの時も思ったけど、金融庁って国外の取引所をどうしたいウホ?

それは管理人にもわかりませんが、ベストな形を「模索している最中」なんじゃないでしょうか。

日本版の撤退は残念ではありますが…クラーケンのWEBサイトの発表ではこんな一文がありました。

産業全体のグローバルな成長をしっかりと掴んだ上で、将来、日本に向けたサービスを再検討したいと考えております。
引用元⇒support.kraken.com

ウホッ!なんかちょっと応援したくなるウホォ!

ですね!個人的には色々な特色のある取引所から、ユーザー自身が選べる形がいいと思いますし、今後に期待したいと思います!


スポンサーリンク

コメントを残す