仮想通貨保険は新興市場

仮想通貨保険

世界各地の保険会社は、仮想通貨を中心としたビジネスの需要に対応し、仮想通貨を扱う企業に保険サービスを提供する準備を進めている。

現状、XL Catlin・Chubb・三井住友海上などの数社しか、仮想通貨に関連した保険を提供していません。
2017年からの仮想通貨市場の急激な拡大は、顧客の増加と同時に、魅力的な保険市場として大きな関心を集めています。

現状の仮想通貨は…

仮想通貨は現金での取引と同様に、様々なリスクを抱えています。

サイバー犯罪者によるデジタルな盗難・技術的なミス・詐欺的な取引の標的など、現状では予期せぬ盗難被害や、ミスによる紛失に対しての保護はほとんどありません。ハッキング被害が原因で閉鎖になった取引所も存在しています。

こういった側面から、多くの保険会社は断片的にアプローチを進め、潜在的な損失をカバーするのに十分なビジネスの形を模索している途上にあります。

仮想通貨の持つボラティリティ(価格変動)は懸念事項であり、その他にも事業者のセキュリティ・保管手続き・業務規模などに合わせたポリシーを策定するのは、保険会社にとっても新しい挑戦であると言える。

Safeonline LLP:Henry Sanderson氏

仮想通貨保険は、市場が成長していくことを助け、保険会社にとっても新しいビジネスを創造する機会になる。

『市場全体は成長を続けている。それを受け入れなければ保険会社にとってはチャンスを逃すことになる』と、ロイターに語っています。


仮想通貨に保険は必要なのか

参入する人も増えてるし、保険会社にとってもビジネスチャンスウホね

保険サービスが提供されるということは、[それに価値がある]として広く認知されているという事なので、単純に嬉しいなとは思います。

でもこれって…かなり難しい問題な気がしません?

え?だって保険かけてくれたら安心なるウホよ!

素人考えなんですけど、保険をかけるってことは[コスト]が必要になりますし、それって必然的に[手数料]に跳ね返ってきちゃいますよね?

もちろん管理人も、保険かかってるならそれに越したことはないと思うんですけど…日々のトレードで[保険アリ手数料高いor保険ナシ手数料安い]を比べた場合、どちらを選ぶかと言われれば即答は難しいです。

あぁ~それたしかに難しいウホ。でも長期保管の人とかはいいんじゃないウホ?

う~ん…管理人の場合は、そもそもトレードせずに長期保管するなら、自分のウォレットか、ハードウェアウォレットになるかなって思うんですよね。

とはいえ、結局は利用するユーザーそれぞれが、自分の目的に合わせて選べる環境があるのが大事だと思いますし、保険会社がたくさん参入することで、仮想通貨市場の成長を後押ししてくれたらいいですね!

保険会社が金の匂いを嗅ぎつけるくらい仮想通貨が「認められてきた」ってことウホね♪

ゴリさん!その言い方やめようよ(;^ω^)

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
www.reuters.com
bitcoinist.com


スポンサーリンク

コメントを残す