仮想通貨(ビットコイン)で儲けるってどういうこと?

仮想通貨で儲けるってどういうこと?

ビットコインに代表される仮想通貨を使って、大きな利益を掴んだ人がいる。
仮想通貨ってよくわからないけど、とにかく儲かるらしいから興味がある。

近年になって、たくさんの人に認知され始めた仮想通貨。
一般的に仮想通貨と言えば、ビットコインを思い浮かべる人が大半ではないでしょうか。

興味が無くてもニュース等で耳にする機会は多いはずです。
とにかく一部の人は「仮想通貨で大きな利益を得ているらしい」
仮想通貨、ビットコインなどの言葉は知ってるけど、実際に何をして利益を出すのか?

この記事では、その点を簡単に解説します。

スポンサーリンク

仮想通貨で利益を出す仕組み

仮想通貨で儲ける方法として、ザックリ大きくわけると2種類の方法があります。

①仮想通貨に投資して、通貨価値の変動で利益を得る。
②仮想通貨をマイニング(採掘)する。

それぞれ具体的にどんな事をするのか、大まかに知っておきましょう。

①仮想通貨に投資する

ビットコインに代表される仮想通貨は[通貨]です。

通貨という事は、円やドルと同様に、価値が変動するという事です。
単純に言えば、ビットコインの価値が安い時に買って、高い時に売れば利益が出ますよね?

これだけを聞くと、「な~んだ、為替レートみたいな感じか」という印象ですよね。
広い意味ではその通りです。

それならなぜ、こんなにも[仮想通貨は儲かる・なんかスゴイらしい]といった話が広まるのでしょう?

それは、価値が変動する幅が大きいからなんですね。
ビットコインを例に挙げれば、通貨として登場し、世界中の人に認知され利用されるようになって、急激に価値が高騰しました。

登場初期の頃は、当然ながら通貨としての価値は二束三文だったわけです。
その時期にある程度のまとまったビットコインを購入して所持していたら、大きな利益を生みます。
さらに、仮想通貨は日々、新しい種類が増え続けています。

簡単に言えば、[第2第3のビットコインが生まれる可能性がある]という事です。

もちろん投資である以上、リスクはあって当然ですが、価値変動の幅が大きいという事は、魅力的な投資対象だと言う事もできますよね。

マイニング

②仮想通貨をマイニング(採掘)する。

マイニングという言葉を初めて聞いた人にとっては「なんのこっちゃ??」という印象じゃないでしょうか。
詳しく解説すると、専門用語だらけで入門用としてはハードルが高くなってしまうので、単純に例えてみます。

ビットコインを例とすれば、世界中で行われるビットコインの取引が、正常に行われたのかどうか、取引内容の記録が正しいかをチェックする為の頭脳として「自分のPCの計算能力を提供する」という事です。

ビットコインは特定の国、企業が発行している通貨ではありません。
ビットコインを通貨として認めている世界中の人達が、取引に間違いや不正が無いかをチェックしているわけです。

「自分のPCの計算能力を提供する」⇒「報酬として新規発行されたビットコインをもらえる」

これがマイニングの大まかな仕組みです。
難しいものに聞こえるかもしれませんが、作業として実際に行う部分は[マイニングするアプリをPCに入れてほったらかし]するだけです。

※どうしてマイニング(採掘)って言われるの?

計算能力(労力)を提供して、価値の変動する仮想通貨を手に入れるという仕組みが、貴金属の採掘に似ているからだと言われています。

現状、一般家庭や普通の会社で使用されるPCを使ったマイニングで得られる利益は、雀の涙程度になっています。

「なんだぁ~鬼スペックのPCじゃないと、やっても無駄だってことだよね?( ˘•ω•˘ )」

利益面だけを考えれば、そういった表現でもいいかもしれません。
ただ…マイニングには非常に大きなメリットもあります。

それは[現金投資ゼロで、(少額でも)仮想通貨を入手して、それに触れる事が出来る]という点です。

上の①の項目のように、投資するって未経験の人にはすごくハードルが高いですよね?
人によっては「投資かぁ~よく知らんけど、なんか怖いからやめとこ( ˘•ω•˘ )」なんて人も大多数だと思います。

100円でも1000円でも、自分の理解が及ばないものにお金を払うってすごく怖いじゃないですか。

スマホゲームなんかも、初めての課金の時は「自分は悪いことをしてるんじゃないか」などと心配する人も多いハズです。
仮想通貨ってなんだか怖い、危ない、そんな印象を持っている人にこそ、最初のキッカケとしてマイニングはオススメです。

まとめ

仮想通貨を使って利益を得るには、投資orマイニング

マイニングは初期投資ナシで出来る。

投資に抵抗がある人は、まずはマイニングして仮想通貨という概念に触れてみよう。


スポンサーリンク

コメントを残す