仮想通貨への関心が低下?Google検索量も大幅に減少

仮想通貨への関心が低下?

2017年後半には世界中から多くの関心を集めた仮想通貨、それに伴って通貨価値も上昇しました。
しかし、2018年には通貨価値の減少と共に、人々の関心も低下しているようです。

Google検索量も大幅に減少

現在のGoogle検索のトレンドでは、ビットコイン・イーサリアム・ライトコインなどの主要な仮想通貨に対する検索は全面的に低下しています。

具体的には、過去3か月の〔Bitcoin〕Google検索頻度は75%近く減少しています。

検索量の現状が、仮想通貨の未来にそのまま直結するものではありませんが、いわゆる一般の人々は今の仮想通貨の状況に心を打たれていないのは確かなようです。

しかし、私達は2017年の仮想通貨に対する関心の急増を実際に目にしています。
この業界では、物事が逆転するような事が迅速に起こり得るため、仮想通貨市場の将来は興味深いものだと言えるでしょう。



ホハー 過去3か月っていうと、年末のお祭りも含まれてるから75%低下もわりと納得ウホね

年末は、一気にみんなの関心が集まりましたよね。
例えは悪いですけど、少し前にみんながラグビー選手のポーズをマネしていたけど、今ではあまり見かけなくなったのと同じような…そんな印象です。

あぁ~たしかに似てるかもしれんウホw

まぁ、スポーツは応援したり見て楽しむものだから、自分の思い描いた展開にならなくても痛手は少ないですが、お金を使って投資するものだと…思ったようにならない=損する。ですからね。

流れに乗って大枚ぶち込んでみたけど、年明けの急落などで心が折れた人も多かったんじゃないでしょうか。

目当ての通貨の価格が落ちたら、有名な人に八つ当たりみたいにしてるのよく見かけたウホねw

ある意味で年末年始は〔洗礼〕のような時期でしたもんね。
昨年末は「投資」としての用途がクローズアップされてましたけど、なんだか最近は「通貨」としての面が少しずつ広まっているような気がします。

たしかにそういうニュースも増えた気がするウホ。去年は規制関係ばっかりだったウホー

なんだかんだ言って、姉妹サイトの『仮想通貨が使えるお店』でも、新しく仮想通貨決済を導入するお店も増えていますし、今後は「通貨」の面からも関心が高まっていきそうに思ってます!

世界レベルで決済に使いやすい通貨は期待できそうウホね!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m ※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。
themerkle.com


スポンサーリンク

コメントを残す