仮想通貨は危険?

仮想通貨の危険とは?

仮想通貨に対して、怪しい・危険・胡散臭い…
こんなイメージを漠然と持っている人も多いのではないでしょうか。

まず、大前提としてビットコインに代表される仮想通貨への投資は、[通貨]に対しての価値の変動によって利益を生みます。

簡単に言えば、株やFXに投資するのと同様に、相応のリスクを負って運用するものです。

通貨価値の変動により、大きな損失を出す可能性はもちろんあります。
それは投資対象としては当たり前であり、通貨価値が変動しなければ利益を生むことはできません。

投資に対してのリスクは他の投資対象と同様なのに、どうして仮想通貨は怪しい・危険だというイメージがつきまとうのでしょう?

マイナスイメージがつくキッカケになった事件等を例に挙げて解説していきます。

スポンサーリンク

2014年マウントゴックス破綻

この事件がキッカケで、ビットコインを知った人も多いのではないでしょうか。

ビットコイン取引所であるマウントゴックスで、数百億円相当のビットコインが消失した事件です。

TV報道でも大きく取り上げられ、この事件で損失を被った有名人なども多数おり、ビットコインの評判に大きな影響があった事件です。

仮想通貨に対してあまり興味がない人達はこんな感想を抱いたのではないでしょうか?

・「ほらね!実際の紙幣が無いお金なんてすぐ消えちゃうでしょ?」
・「やっぱり仮想通貨なんて信用できないよ( ˘•ω•˘ )」

そんな印象になってしまうのも、仕方がない部分があると思います。

ただ、ビットコインに代表される仮想通貨に対しての危険性を考える場合に、この事件がどういったものなのか正しく理解する必要があります。

ここは初心者用にカテゴリした項目なので、シンプルに解説しますね。

1分でわかるマウントゴックス事件

マウントゴックスはビットコイン取引所です。

取引所とは⇒顧客がビットコインを一時的に預け入れ、売買を行う場所です。
実際の通貨で言えば銀行・金庫のような役割です。

①たくさんの利用者がマウントゴックスにビットコインを預けて取引していた。

②ある日マウントゴックスから大量のビットコインが消えた。

③サイバー攻撃!?バグ?なぜか消えたビットコインやばい!などの風評が迷走

④その後しばらくして、マウントゴックスの代表が横領容疑で逮捕

もっと簡単に、身近なものに例えて言うと…

銀行にお金を預けたら、銀行の社長が勝手に金庫開けて持ってった\(^o^)/

ということです。

※注→事件については今も裁判が続いており、真相はわかりません。

ここで言いたい事は、悪いのはビットコインのシステムじゃないという点です。

ビットコインそのものはマウントゴックス事件以降も価値を上昇させています。

この事件をキッカケにして、[自分で仮想通貨を詳しく調べた人]は、仮想通貨の未来の可能性に気づき、投資の対象としての価値を見出したわけですね。


仮想通貨を使ったサギがある

現在、世界中に流通する仮想通貨は1000種類を超えるとも言われています。

私達が普通に生活している間にも、新しい仮想通貨はドンドン生まれています。

「誰も知らない新しい仮想通貨を発行します」
「外国の〇〇という大企業がバックアップしてるので必ず値上がりします」
「いま買ったら絶対に儲かりますよ!」

あからさまに怪しい売り文句ですよね。

まだ知識が浸透していない・ネット上の通貨であるという点から、サギ師の間では、いま一番HOTなサギは仮想通貨だとも言われているらしいです。

仮想通貨だけに限らず、お金が動く話には、必ずそれを使ったサギが存在します。

自分が所有する仮想通貨の価値が、数か月で何倍、何十倍に上がって大きな儲けを出す人がいるのは本当の話です。

ただ、それには相応のリスクを負っているのです。

そのリスク面をひた隠しにして、「買うだけで絶対に価値が上がって儲かる」と勧誘するサギ師もたくさん存在します。

仮想通貨市場に限らず、甘い話だけを並べた話には要注意です。

甘い話に触れて、心が動きそうになったらこの言葉を思い浮かべてください。

[絶対・必ず・100%儲かるなら人に教えず自分でやるよ(;^ω^)]

価値の急騰・暴落がある

これは仮想通貨に限った話ではありませんが、他の金融商品と同様に価値が変動します。

これを[危ない]と感じるか、大きな利益を出すチャンスと捉えるかは人それぞれです。


ハッキング・セキュリティに関して

仮想通貨には実際の紙幣や硬貨が存在しません。

仮想通貨はネット上の[取引所]で購入し、預けておいたり売買することができます。

万が一、その取引所がハッキング等の被害を受けて破綻するような結果になった場合、自分が預けている資産は無くなってしまいます。

これに関しては信用のおける取引所をしっかり選ぶ事が何よりも重要です。

取引所の安全性と同様に、自分のログインパスワード等は、厳重に管理しなければいけません。

他のサイトと同じものを使いまわしたり、安易で短いパスワードを設定したりしてはいけません。

最近では国内大手取引所が、不正ログイン被害への補償制度を導入するなど、取引所も様々な努力を行っています。

仮想通貨への投資を考える場合、取引所選びもリスク管理の重要な要素です。

仮想通貨の危険に関するまとめ

ここまで記事を読んで気づいてもらえたと思いますが、仮想通貨に関する危険・怪しいといった話の大半は、株やFXなどの金融商品と同様だという事です。

ビットコインに代表される仮想通貨の仕組みが危険なのではなく、それを管理する取引所がずさんな管理をしていたり、仮想通貨をエサに使い、不当な方法でサギを行う人が多数いる…という事です。

言いかえれば…仮想通貨に価値があるからこそ不正や詐欺の標的にされるんですね。
無価値なものであれば誰も手間をかけて盗み取ろうとはしませんから。

一般に広く認知度を得てきたとはいえ、仮想通貨市場は、まだまだ黎明期です。
それを取り巻く環境も最適化していく途中なのです。
だからこそ、しっかりした知識を持って始めたいですね。


スポンサーリンク

仮想通貨は危険?” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す