仮想通貨はなんで[仮想]って言うの?

仮想通貨はなんで[仮想]って言うの?

ビットコインに代表されるインターネット上の通貨・決済方法

日本では[仮想通貨]という名称が定着しています。

最近になって仮想通貨の技術は徐々に認知度を得て、注目を集めています。
まったく仮想通貨に触れた事の無い人が、最初に[仮想通貨]という言葉を聞いて、感じ取る印象はどんなものでしょう?

[仮想]という言葉から連想されるイメージは、なんだか不安定で得体の知れないもの・幻影のように消えて無くなるようなイメージではないでしょうか。

アニメやマンガで「仮想世界がどうのこうの」という表現が出てくると、いつか電源プラグが抜かれて現実に帰るような…そんなイメージですよね。

ここでは、なぜ仮想通貨という名称が日本で定着しているのか、簡単に掘り下げてみようと思います。

スポンサーリンク

ビットコインを仮想通貨と呼ぶのは日本だけ?

ビットコインに代表される、[いわゆる仮想通貨]を仮想通貨という名称で呼ぶのは日本だけです。

海外ではCryptoCurrency⇒暗号通貨という名称が一般的です。

これは代表的な暗号通貨であるビットコインの正式名称の表現が影響しています。

CryptoCurrency Bitcoin

日本語に訳すと暗号通貨ビットコインですね。

インターネット上の暗号化技術を用いて、新規発行・各種取引の安全性を担保し、決済を行う通貨

そういった意味合いが含まれており、ビットコインの本質に近い名称じゃないでしょうか。

日本での[仮想通貨]という名称は、マスメディア等の報道機関が一般の人にイメージが伝わりやすいように使用したものが定着したと考えられます。

名称・言葉は広く普及したものが定着するのが一般的ですから、当面の期間はこれからも[仮想通貨]という名称で使われていくでしょう。

仮想通貨と暗号通貨に違いはあるの?

ありません。現状では同じ意味だと理解して大丈夫です。

前述したように、現状では海外と国内の名称の違いであり、仮想通貨も暗号通貨も同じモノを指して使用されています。

仮想通貨そのものが、まだまだ発展途上であり、新しい概念の技術です。

全世界規模の技術だからこそ、1つ1つの専門用語や名称が、世界に広がっていく過程で、様々な名称や意味合いになっていくんですね。

ただ、1つ注意するべき点があります。

TV報道などで仮想通貨という名称が、Suicaなどの電子マネーと混同して使用される事があります。

ビットコインなどの概念に興味を持たない人に対して、正しく理解できるように説明するのは若干難しい面があります。

時間の限られているTV番組などでは、どうしても大雑把に伝えてしまう面があるのかもしれませんね。

このサイトでは、誰にでもわかりやすくという観点から[仮想通貨]という名称を用いることが多いですが、基本的には仮想通貨と暗号通貨は同じ意味だと認知して、今後の記事を読み進めていただいて大丈夫です。


仮想通貨は怪しい・怖い?

[仮想]という言葉が持つイメージも手伝って、いまだに日本では「怪しい」という印象を持つ人が多いです。

自分で仮想通貨を調べて理解しようとする人は、そんな印象を持つことは少ないですが、知識の無い友人知人に説明する時は一苦労です。

もしも自分の親世代に説明する事を考えたら気が重いですよね(笑)

「いや、その封筒は仮想通貨の取引所の開設に…(;’∀’)」
「仮想?アンタ!それ騙されてるわよ!!( ´゚д゚`)」
「…(;^ω^)」

なんてやり取りが目に浮かびます。

世界的に見れば日本は先進国です。

国内通貨である日本円はとても安定しており、みんなが信頼を置いています。
どっかの国のように「ある日突然、福沢諭吉が紙クズになる」

なんて私も想像できませんし。

こういった面も手伝って、日本では外貨や仮想通貨に対してアレルギーのような反応を持つ人もたくさんいるんですね。

外国では自国の通貨に対して、信頼できない国がたくさんあります。
大量の現金を持っていても、自国通貨がいつ暴落するか気が気じゃない人が世界中にはたくさんいます。

そんな人は自然と外貨や仮想通貨に触れる機会も多くなるはずです。

こういった国ごとの環境の違いが、日本での仮想通貨に対するイメージに影響しているのではないでしょうか。

イメージだけで判断するより触れてみよう

物事はなんでもそうですけど、自分が触れる機会があるのであれば、まずはやってみてから判断しましょう。

自分で調べずに[アレは怪しいからダメだ]

なんて安易に結論を出してしまっては、機会を失う事も多いハズです。

仮想通貨は、革新的な新しい技術です。

投資対象だけではなく、マイニング・海外送金・決済方法として等々、たくさんの可能性を秘めています。

発展途上のこの時期だからこそ、仮想通貨に触れるにはいい時期だと思います。

最初から大金を投入して投資に踏み切る必要はありません。

ジュース代程度の少額から始めたり、マイニングで数十円単位の仮想通貨を手に入れてみるところからスタートしてみてもいいんじゃないでしょうか。


スポンサーリンク

コメントを残す