仮想通貨の取引所・販売所はなにをするところ?

取引所・販売所はなにをするところ?

仮想通貨を始めるにあたって、ウォレット・取引所・販売所などの単語は必ず出てきますよね。

仮想通貨と、どんな付き合い方をするにしても、取引所がどんな事をする場所なのか理解しておくのは重要です。

ここでは、取引所・販売所がどんなものなのかまとめていきます。

スポンサーリンク

仮想通貨取引所の役割

仮想通貨を売りたい人・買いたい人が取引を行う場所です。

取引所という名称ではありますが、どこかに会場が設けられているわけではなく、インターネット上のサイトとして運営されています。

本来、ビットコインなどの仮想通貨は、取引所を介さずに当人同士が直接売買取引を行う事が可能です。

それなのに、なぜ多くの人が取引所を使うのでしょう?

これは身近なものに置き換えて考えてみましょう。

例えば自分が持っている車やバイクを売りたいと思った場合、身近な友人知人などで買い手が見つかれば簡単ですが、見つからなかった場合は中古業者さんに持ち込んだり、オークション等に出品して買い手を見つけますよね。

仮想通貨の取引所も同じような役割を担っています。

取引所という場所を用意して、売買を希望する人達が取引をしやすい環境を作っているんですね。

仮想通貨販売所の役割

販売所は、仮想通貨を販売する場所です。

販売所という名称ですが、仮想通貨を売る事も可能です。

売買ができるなら取引所と一緒の役割じゃないの?

そんな疑問が浮かびますよね。

取引所との明確な違いは、販売所を運営する企業・会社と直接仮想通貨の売買を行います。

売買するのは一緒ならどっち使ってもいいんじゃないの?

こんな疑問を持つのも当然です。

違いは企業との売買なのか、個人間の売買なのか、だけですもんね。

企業と個人…現状、仮想通貨の売買を考えた場合は、販売所は[高くつく]ことが多いです。

購入する場合は取引所より高くなりますし、売却する場合は安くなります。
売買の差額で利益を出すことを考えた場合は、販売所は向いていない事が多いです。

それなら販売所なんて使う意味なくない?

取引所より[高くつく]なら誰も利用しないんじゃないかと思われがちですが、販売所には販売所のメリットがあります。

現状、代表的な仮想通貨のビットコインですら、価格変動する幅がとても大きいからです。

ある日、自分の所持しているビットコインが急激に価値を下げたとします。

今後も下落をすると予想した場合、出来るだけ早く売却して損失を減らしたいですよね。

ビットコインを所持する大多数の人が売却を希望するような状況になった場合、取引所での売却は難しくなる可能性も生まれます。

取引所は、あくまでも売買を希望する当人同士をつなぐ場です。

多くの人が売却を希望する状況では、買い手が少なく、売却が難しい・もしくは自分の想定より遥かに安い金額の取引しかできないかもしれません。

こういった状況では、選択肢の1つとして[販売所]の利用も考えられます。

急騰・暴落といった特殊な状況で、他の人よりも選択肢が多いのは、大きな武器になります。

普段は利用する機会が無いとしても、知識の1つとして覚えておきましょう!

まとめ

取引所⇒売買を希望する個人同士が取引する。

販売所⇒運営する企業と売買する。

・取引所の方が(基本的には)お得に取引できる。
・急騰・暴落時には販売所の利用も検討しよう。


スポンサーリンク

コメントを残す