仮想通貨で使われる専門用語やスラングの解説

仮想通貨に関するツイッターや情報サイトを見ていると、理解不能な単語(スラング)や用語が出てくると思います。今日はそんな言葉を解説したいと思います。

GOX(ゴックス)

意味:ハッキングされること。紛失すること。

2010年頃にビットコイン事業に参入して一時は最大の仮想通貨取引所となっていたMt.Gox(マウントゴックス)。744,408BTCの盗難騒動で一躍有名に。一説によるとマルク・カルプレスCEOによる盗難自作自演説もあるが真相は不明。

この一連の事件を知識のない報道陣が適当な報道をしたので、仮想通貨に対するイメージは危険で怪しいものに。

ガチホ

意味:ポジション(購入しているコイン)を手放さないこと。

ポジションを手放さずにずっと持ち続けること。底値や高値をつけてもポジションを持ち続ける根性「握力」とも表現され、下降トレンドにも関わらずにポジションを手放さない様を「ゴリラ並みの握力」と例えられることもある。対義語:狼狽売り

狼狽(ろうばい)売り

意味:うろたえ騒ぐこと。あわてふためいてポジションを手放すこと

仮想通貨の市場は1日に20%近く変動することもあるので、新規参入者はよくこの状態に陥ります。対義語:ガチホ

ムーン

意味:急激な価格上昇

チャートが月までブッ飛ぶような価格上昇や爆益から由来する。「一緒にムーンだ!」とか「to the Moon!」といった少しチャラい場面で使われることが多い。

アルトコイン

意味:ビットコイン以外の仮想通貨

ビットコイン以外の仮想通貨のことをアルトコインと言います。

フィアット

意味:法定通貨

Fiat Currencyをカタカナにしただけで「JPY」や「USD」等の法定通貨のこと。よく仮想通貨を日本円やドルに戻す際に「フィアットする」なんていう人もいるようです。

鉱夫/掘る

意味:マイニングすること

通貨をマイニングすることを「掘る」と表現されることが多いです。マイニングってなんだ?って人は以下の記事を参照にしてください。

JPYマイニング

意味:労働して日本円を貰うこと

仮想通貨のマイニングに対して、労働をすることの対価として日本円を貰うこと。俗に言う仕事。

SCAM(スキャム)

意味:詐欺

「代表が国連とお友達」「コインの一部がリップルで建てる」等の意味不明な仮想通貨を売る連中が出てきたことから、この言葉が頻繁に使われるようになった。今でも投資だけさせて逃げる連中も多いので、気をつけましょう。

トランザクション

意味:仮想通貨の送受金データ

トランザクションID(TXID)が分かれば、それぞれの送受金を追跡することができます。送金(荷物)の追跡番号と考えると分かりやすいですね。トランザクションが多くなると、処理能力の低い仮想通貨は処理が追いつかなくなり送金詰まりを起こします。これをスケーラビリティ問題とも言います。

草コイン

意味:ほとんど名も無いコイン

マイナーなアルトコインの事を言います。

海苔コイン

意味:知る人しか知らない名も無いコイン

草コインよりもマイナーなアルトコインの事を言います。

エアドロップ

意味:無料で仮想通貨をもらうこと

特定の仮想通貨を保有したり、リンクを踏んだり、紹介することで無料で仮想通貨を得ること。

塩漬け

意味:損失のある通貨の値が戻るまで放置すること

例えばビットコインを200万円以上で買ってしまった人は今決済すると損失出ますが、今後200万円を越えると考えて放置すること。

利確(リカク)

意味:利益を確定すること

一定の利益がでた段階で通貨を手放して利益とすること。

損切り

意味:損失が増える前に手放すこと

損失が膨らむ前にポジションを手放すことで、損失を減らすこと。

仮想通貨”取引所”

意味:仮想通貨の取引所

ユーザー同士で「買い板」と「売り板」のマッチングで仮想通貨を売買する仕組み。直接売買なので手数料が安いというメリットがあるが、取引人口が少ないと安定して売買できない場合もある。大体の海外の取引所はこれにあたる。日本を代表する取引所としてはZAIFが挙げられる。

仮想通貨”販売所”

意味:仮想通貨の販売所

販売所が仮想通貨を買ったり売ったりします。一度販売所を経由して手数料が乗るので取引所に比べて割高ですが、安定して供給されるという安心感がある。初心者・放置組は販売所がオススメ。

買い板・売り板

意味:売買の注文が並ぶ掲示板

取引所においては買い注文や売り注文が掲示板でなされるため、価格の動きをチェックしながら注文する。売買が少ない場合は「板が薄い」売買がさかんにされていることを「板が厚い」と表現される。

ナイアガラ

意味:急激な暴落

急激な暴落が発生すると、チャートがナイアガラの滝の様から「ナイアガラ」または「ガラ」と呼ばれる

スプレッド

意味:買値と売値の差

買値100万円/売値90万円だとすると、スプレッドは10万円。この差が大きいと、買った瞬間から大きく負けることになるので注意が必要。

ボラティリティ

意味:価格変動

仮想通貨の価格は1日で20%近く変動することもザラなので、一般的な投機物に比べてボラティリティが大きいといわれています。

取引所上場

意味:取引所で仮想通貨が取引されるようになること

例えばADAがBinance上場となると、BinanceでADAの取引ができるようになる。より大きな取引所に上場することで、取引量が増えて便利になるという意味では価格が上昇するケースが多い。

バブル

意味:実態のない好景気、加熱状態

中身が無いのに価格のみが一人歩きして暴騰している様子。

ICO

意味:仮想通貨を使った資金調達

資金調達をしたい企業や事業プロジェクトが、独自の仮想通貨を発行・販売して、資金を調達する方法。各投資家には「トークン」と呼ばれる仮想通貨を購入して貰って資金を集める。事業プロジェクトが成功、評価されればトークンの価値があがり、投資家達は利益を得られる。

ポンジスキーム

意味:自転車操業の詐欺

「出資してもらった資金を運用して、その利益を出資者に還元する」などと謳っておきながら、実際には資金運用を行わずに、後から参加させる別の出資者から新たに集めたお金を出資者に“配当金”などと偽って渡すことで、あたかも資金運用が行われ利益が生まれてそれが配当されているかのように装うもののこと。

通常では考えられない高配当な投資には、手を出さないことですね。

フィンテック

意味:ITの技術を活用した金融サービス

ファイナンス(金融・財産)とテクノロジー(技術)を合わせた言葉

トークン

意味:ブロックチェーン技術を使って発行した独自の仮想通貨

発行しようと思えば誰でも発行できます。試しに作ってみては。

Burn(バーン)

意味:発行したトークンの一部を削除すること

発行総数の一部を削除することで、需要のバランスが崩れて価格が上昇するケースが多いです。

ロックアップ

意味:トークン発行者(社)が所持しているトークンを市場に出せなくなること

例えばトークンを発行者側が多数のトークンを持っている場合、市場価格を簡単に操作できます。ロックアップにより発行者側が市場に出せなくすることで、投資家達が安心して取引が出来るようにすること。

ソフトフォーク

意味:仮想通貨のバージョンアップ

バージョンの変更で、元となるチェーンは同じです。マイナーアップデートと捉えると分かりやすいかもしれません。

ハードフォーク

意味:仮想通貨の仕様変更

仕様の変更となるので、以前とは異なる種となります。ハードフォーク=分裂ではありません。

フォーク祭り

意味:なんとなく分裂してみること

年末にビットコインのハードフォークにより分裂が相次ぎました。「流行ってるから分裂してみた」が乱発することをフォーク祭りと言います。「スーパービットコイン」や「ライトニングビットコイン」等のよくわからないコインも沢山登場して世間を賑わせました。

ポジショントーク

意味:自分にとって有利な方向に相場が動くように、市場心理を揺さぶる発言をすること

「ビットコインは詐欺だ」とメディアに発表して価格が下がるのを見計らって底値で漁ったデイモンさん。「規制するする詐欺」で価格を下げようとする赤い国の重役が挙げられます。黒電話みたいな人が「ミサイルを発射する」ことさえも、ある意味この部類かもしれません。類似言:買い煽り、売り煽り



FX編

ロング

意味:通貨を買うこと。対象の価格が上がると利益が出る

ショート

意味:通貨を空売りすること。対象の価格が下がると利益が出る

ナンピン

意味:トレンドの逆の注文をいれること。

「下落中に買い注文をする」もしくは「上昇中に売り注文する」こと。バッチリ決まれば喜びも利益も大きいが、基本的には危ない。サポートラインを把握してから参入するべき。

仕手

意味:大量に投機的売買を行うことで、相場を操縦すること

例えば10億円の市場に5億円買い注文を入れると、需要バランスを崩して価格を高騰させることが出来る。

イナゴ買い(売り)

意味:上昇や下降に一気に飛びつき、瞬く間にいなくなってしまう短期投資家

上昇した瞬間に買い(売り)に入り、ある程度の利益を得たらすぐに利確すること。イナゴにも種類があるそうです。

サーキットブレーカー

意味:ブレイク!ブレイク!

売りが売りを呼んで下落が止まらなくなることがあり、値動きが一定の幅になったら取引を強制的に止めて、冷静になってもらう目的で設けられた制度。ビットフライヤーなどでは注文すら入らない状態になり、その後に突然値幅が大きく動くので大混乱になることも。


スポンサーリンク

仮想通貨で使われる専門用語やスラングの解説” に対して 2 件のコメントがあります

  1. より:

    こういった記事を待っていました。初心者にはありがたいです(^-^)
    アプリも使いやすくなりました!
    今後ともよろしくお願いいたします。

    1. 管理人 より:

      紫さん
      コメントありがとうございます。とても励みになりますよ!
      こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す