仮想通貨「ソフトフォーク」と「ハードフォーク」のおさらい

実は先日、中国のテック企業であるBitmainがイーサリアムハッシュ向けのASICの販売を発表し、この発表に対してイーサリアムのコミュニティでは、ASICに対抗したハードフォークを検討しています。

・・・オゥ?

ゴリさん怯えなくて大丈夫ですよ。今日はフォークについて、少し触れてみましょう。

仮想通貨のフォーク

一言で言ってしまうと技術改善(変更)・仕様変更です。

ハードフォーク=分裂じゃないウホ?

昨年のフォーク祭りの影響で勘違いしている人が多いのですが、フォーク=分裂じゃありません。順序が逆になっていますが、そもそも分裂されるためにハードフォークするのではなく、技術改善・仕様変更のためのものなんですね。

それぞれ仕様を変えるために2種類のフォークが存在し、それぞれ変更の仕方が異なります。

ハードフォーク」と「ソフトフォーク」ですね。

ソフトフォークとハードフォーク

以前の仕様も使えるようにしつつ、まるっと全ての仕様を変更する」=ソフトフォーク

一定のブロックから新仕様を採用!旧仕様は使えません!」=ハードフォーク

絵にするとちょっと分かりやすいウホー

う・・・うん。凄い面倒でした。しかしこの絵だけである程度理解できるんじゃないでしょうか。

センスはないけど頑張ったので、ちゃんと見てくださいね!

ハードフォーク時の分裂のイメージ

分裂時のイメージがよく分からないウホー

まだやらせるんですか・・・。仕方がないですねえ。

意見分裂で無理やりハードフォークすると、こういう感じで「新仕様と今までの仕様の2個存在する状態」になるんですね。

俺達は今までのままでいい!新仕様なんて必要ないッ!」という連中は今まで通りのブロックを使うし

いーや新仕様の方がいいね!旧仕様なんてもう要らないッ!」という連中は新仕様のブロックを使うんですね。

なるほどー。管理人珍しく頑張ったウホ

身近な仮想通貨に置き換えて考えると分かりやすいですね。

分裂フォークにすぐ飛びつかないように気をつけよう

※映画「Split」より引用

「分裂フォークがあると無料で新興コイン貰えるからお得」ではあるのですが、悪巧みをしたハードフォークも多いので気をつけましょう。

よく見かけるのが「偽ウォレットをリリースして、秘密パスをゲット」これは本当に気をつけておきましょう。ウォレットの秘密パスを知られると、貴方のウォレットに入っている仮想通貨を引き出すことが可能です。

当サイトでもハードフォークの情報は拾っては公開しているので、すぐに飛びつかないように気をつけてくださいね。


スポンサーリンク

コメントを残す