今更聞けない「トークン」って何?

先日の記事で事前登録で$5(約500円)分のトークンを貰えるばら蒔きトークンの紹介をさせていただきましたが、そもそもトークンって何ですか?っていう話なので紹介させてもらいます。

そもそもトークンって何なんですかね?

簡単に言うと、ビットコインのブロックチェーン技術を使って発行した独自のコインのことです。
勿論トークンに価値が付けば、ビットコインや日本円等とトレードすることもできます。

最近の話題ではZaifトークンなんて一度は耳にしたことがあると思います。
YouTuberさんが騒動を起こして有名になったValuなんかも、トークンみたいなものですね。

代替通貨みたいなもので、発行自体は簡単ウホ。
ただし価値が付かないと、こども銀行と同じウホw

なるほどなるほど。
発行したトークンに色々な独自の工夫を加え、世に広めることで価値が付くんですね。

仮想通貨の技術を使って自分たちのオリジナル仮想通貨を発行して、更に独自の価値や特典を付けて、世の中に広めようということですね。

トークンに価値が付き、ビットコイン等のメジャー通貨と取引できるようになれば、投資した人たちは皆ハッピーですね。

だけど価値がつかなければ、まさに子ども銀行。
マーケティングや工夫がとても大事です。

現時点でのトークンの使われ方

現状のトークンの使われ方としては

・ブログ等への参加ポイント、お礼ポイント
・強力や応援等、感謝の印として
・SNS等で宣伝してくれたお礼
・クリエイターがファンや手伝ってくれた方に配ったり売ったり

等に使われているようです。日本発祥通貨のモナーに通じるところがありますね。


トークンも2つのタイプがあります

トークンも仮想通貨と同じで、2つのタイプがあります。

アセットタイプ(発行者が存在するタイプ)

発行者が存在し、発行枚数を自分で決定します。最も簡単に説明すると「株式」と同じような性質です。人々は株式(トークン)を発行している発行者のビジネスモデルや業績、将来性、または特典を考慮しながら、取引所で売買することになります。

アセットタイプの仮想通貨(トークン)を売買するときは、仮想通貨を売買するというよりむしろ「発行している開発元のビジネススタイルを売買している」と思えば分かりやすいですね。
発行量を増やしたり、自分で買って減らすこともできます。まさに株式!

カレンシータイプ(採掘するタイプ)

カレンシータイプは供給量(総コイン量)がコンピューターのアルゴリズムを採用しているもので、代表的なものとして総コイン量が2100万と決まっているような、ビットコインが挙げられます。

同じようなタイプのアルトコインは一般に売り出された後は、POFやPOSのアルゴリズムで総コイン量が増えていくケースが見られます。

アセットタイプとカレンシータイプを確認する方法

上のサイトのタブ「Currencies」「Assets」を選択することで、それぞれ確認することができます。
ついでに通貨ランキングもチェックしてみてはいかがでしょうか。

結局トークンと仮想通貨の違いは?

言ってしまえば、仮想通貨もトークンも大した違いは無いです。

違いがあるとすれば、トークンは既存のブロックチェーンの仕組みを使っていて、各仮想通貨のような「匿名化に特化」や「スピード特化」のような独自の技術の仕組みは無いです。

例えると、CD(トークン)を買ったら投票権が1票貰えます。(貴方の望むサービスやお金が得られます)
投票権はそのアイドルの人気によって、価値(価格)が変動します。ってところのようです。

要するに発行者を皆で応援しつつ、便利に使えるものだウホ。
価値が認められず、広まらなければ子供銀行ウホ。。
アイドルトークンを○以上持ってる方は、アイドルの握手会イベント優待!みたいなのクルウホ?

スポンサーリンク

今更聞けない「トークン」って何?” に対して 3 件のコメントがあります

コメントを残す