今年のニュース検索ワード2位にビットコイン。

グーグルは12月13日「今年最も検索されたワードランキング」を発表しました。

世界の検索ワードランキングからは常連だったキム・カーダシアンの名前が消え、代わりに浮上したのがなんと「ビットコイン」。

最近ニュースやラジオでもよく聞くウホ

ここ最近の急騰も手伝って、メディアに登場する頻度があがりましたね。



フェイスブックの所有権をマーク・ザッカーバーグに奪われたと主張して有名になったウィンクルボス兄弟が「ビットコイン・ビリオネア」になったと報じられたばかり。

ウィンクルボス兄弟は2013年当時1100万ドル相当のビットコインを購入しており、先日その価値が10億ドル(約1127億円)を突破したことが大きなニュースに。

これはすげぇ。タイムマシンあれば買いに行きたいウホ

2017年の「グローバルニュース」部門の検索ランキングは以下の通り。

1. Hurricane Irma(ハリケーン・イルマ)
2. Bitcoin(ビットコイン)
3. Las Vegas Shooting(ラスベガス銃撃事件)
4. North Korea(北朝鮮)
5. Solar Eclipse(皆既日食)

ビットコインがここまで注目を集めたのは、投資家のティム・ドレイパー(Tim Draper)のような人物にはごく当然のことかもしれません。彼は先日のカンファレンスの場で「今から5年も経てば、既存の政府の通貨を使う人間はバカにされるようになるだろう」と筆者に話した。

逆にビットコインは架空のもので、絶対に流通しない。と言い切った著名人も方々も沢山いましたね。インターネットは軍用だから流行らない。とか携帯電話?ちゃんちゃらおかしいね!とか。時代の流れには沢山の意見がありますが、結局は便利であるものに流れ着くワケですね。

10月にマーケットプレイスの「LendEDU」が行った調査では、米国人の約8割がビットコインという名前を聞いたことがあると回答した。日本国内においては、もっとかもしれません。1年間で1900%以上の上昇を遂げたビットコインは、間違いなく今年を代表する人々の関心事となったようです。

1年間で1900%の上昇って普通じゃ考えられないですもんね。

あれ?ちょっとまてよ?

年始に50万円投資してたら、約2,000万円という計算になります。
これって・・・マジメにこつこつ働いていた人が浮かばれませんね。

ビットコインだけではなく、他のアルトコインもそれぞれ大きく価格を上昇させています。

まだしばらく上昇は続くと思われるので、まだ参入していない方は早めに参入した方が良いかもしれません。

※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。


スポンサーリンク

コメントを残す