中国のビットコイン取引所で、顧客資金の不正流用?

中国Bitcoin取引所で、顧客資金の不正流用?

中国の大手ビットコイン取引所であるHuobiとOkcoinは、取引所利用者の資金を高リスクの投資に流用されていると、中国の国営メディアである新華社通信が報道しました。

新華社通信は、HuobiとOkcoinが、利用者のアイドル状態の資金、約10億元(10亿元人民)、日本円で約160億円を高リスクな金融商品への投資に流用したと報告しました。


注釈※金額の表記に関して 
参考元サイト・新華社通信サイト・その他いろいろと参照しましたが、金額の表記がバラバラでした。
新華社通信サイトに10亿元人民との記載がありましたので、それを元に10億元として記事を執筆しました。
参考程度に捉えていただくようお願いしますm(__)m


仮想通貨の発展と規制

新華社通信は8/21にも、仮想通貨の急激な価格変動に関して、より厳しい政府規制の必要性を提唱するレポートを発表しました。

これら仮想通貨に関わる新しい事柄は、急激に発展しており、規制当局はこれらの発展と並ぶペースで適正な規制を維持しなければならないと指摘している。

政府は、疑わしい仮想通貨の取引を閉鎖するなどの対応しており、『決して柔和な対応ではない』と訴えた。

これって取引所にお客が預けているお金を使って他の投資してるってことウホ?

記事を読む限り、そういう事みたいですね。
件の2つの取引所が、利用者に対してどんな利用契約をしているのかはわかりませんが、預かった資金を別で運用する事がコッソリ行われているなら問題でしょうね。

取引所がやらかすと、また仮想通貨のイメージが悪くなるウホー

こういう話って、仮想通貨のシステムそのものが悪いわけじゃないのに、どうしても世間一般へのイメージとして、仮想通貨全体が胡散臭いものとして伝わっちゃいますよね(ーー;)


取引所側の主張は

Huobiは、新華社通信の報道に対して、声明の発表は行っていません。

Okcoinは『私達は、アイドル状態の顧客資金を、リスクの低い銀行資金に入れるという厳しいポリシーを持っています』
『顧客の資金を保護する目的と、記録保持、資金の分離(分配?)を保証する目的であり、銀行・証券業界の一般的な慣例に沿っているものだと反論します』

ウホッ??顧客の資金を投資に流用する事そのものは問題ないのかウホ??

それに関しては、中国の法規制なども関連するし、この記事だけではなんとも言えませんねぇ。
日本でも国民年金の運用が行われていますし、重要な点は、利用者が事前に説明を受け、把握して承認しているのかという点でしょうね。

取引所と利用者の関係は、今後の仮想通貨業界に大きな影響を生む可能性もありますし、この件の続報に期待したいですね!

この記事は海外のニュースを翻訳・編集し、筆者の主観で注釈を入れています。 できる限り正確な情報を意識しておりますが、翻訳による言葉の意味の誤認等がある可能性もあります。 その点にご留意の上、ご覧くださいm(__)m
※参照元※この記事はコチラのニュース記事を参考に執筆しました。


スポンサーリンク

コメントを残す